将棋の王位戦七番勝負第4局8月21日兵庫県神戸市「中の坊瑞苑」で2日目が始まった。1日目は挑戦者の木村一基九段(46)が45手目を1時間37分の長考の末に封じ手。後手の豊島将之王位(名人、29)の手番で再開した。

 両者の対局は過去に12回あり、豊島王位の7勝5敗とリード。同時期に行われている竜王戦挑戦者決定三番勝負でも両者が対戦していることから、王位戦七番勝負と合わせて「十番勝負」と呼ぶファン、関係者も少なくない。

 対局は相掛かりの出だしから進行。封じ手前の44手目に豊島王位が56分を費やすと、直後に木村九段も1時間37分をかけて封じ手。本局の中でも重量な局面だと判断しているようだ。豊島王位は勝てば、初防衛に王手。木村九段は史上最年長での初タイトルを目指し、2勝2敗の五分に戻せるか。

 持ち時間は各8時間の2日制。AbemaTVではこの対局を終了まで生放送する。

【封じ手時の残り持ち時間】

豊島将之王位 5時間11分(消費2時間49分) 木村一基九段 3時間18分(消費4時間42分)

(C)AbemaTV
持ち時間差は約2時間に 豊島将之王位 対 木村一基九段 2日目開始/将棋・王位戦七番勝負