バリアフリーフィルムパートナーズは、映画『リスタート:ランウェイエピソード・ゼロ』を製作し、9月20日(金)に「資生堂グローバルイノベーションセンター S/PARK(エスパーク)」(横浜市、以下「S/PARK」)にて完成披露上映イベントを開催いたします。

完成披露上映は「S/PARK」1階ロビーの世界最大ソニー製16K Crystal LED ディスプレイにておこないます※。

主演・猪狩ともか、ほかキャストが舞台挨拶に登場。さらに、本作にビューティーディレクションで参加した資生堂トップヘアメイクアップアーティスト・原田 忠によるヘアメイクアップのデモンストレーションも当イベントの見どころです。 本作は、9月末からインターネット配信を開始予定で、その後各地にて上映会をおこなっていく予定です。

(※ディスプレイは横長のため、一部を使用しての上映となります。また、上映素材は4Kとなります)


《映画の概要》

タイトル:『リスタート:ランウェイエピソード・ゼロ』(略称:『リスタート』)
■出演:猪狩ともか(主演)、忍成修吾、手塚理美、大澄賢也、桜のどか、涼邑 芹、楠木まゆ、木下友里、青木拓磨、日置有紀、ほか
■監督・脚本:帆根川 廣
プロデューサー:設楽盛也
■題字:星野富弘
■ビューティーディレクション:原田 忠(資生堂トップヘアメイクアップアーティスト
スーパーバイザー:古賀俊輔
■協力:アリスプロジェクト吉本興業株式会社
■特別協賛:イオンリテール株式会社株式会社資生堂
■協賛:株式会社ミクニ ライフオート
■企画・製作:バリアフリーフィルムパートナー
■上映時間:45分
■公開方法・時期:9月20日(金)完成披露上映イベント/9月末よりインターネット配信開始予定/各地で自主上映会の開催予定/DVD(メイキング収録)発売予定

■公式・特設ホームページhttp://barrierfree-film.org/restart/


ストーリー

オタクひきこもり女子・ヒナタは、納屋に眠っていた一台のスポーツカーをきっかけに、車椅子から車へと乗り換え、走りはじめる──。今はもう居ない、”あの人”の背中を目指して…。
《主演は車椅子で輝きつづけるアイドル、「仮面女子」猪狩ともか》

強風で倒れた看板の下敷きになり、脊髄損傷のため車椅子生活となったアイドルグループ仮面女子」猪狩ともかの新たな挑戦は、映画初主演。4ヶ月でアイドルとして復帰を果たして話題を呼び、数多くのテレビ出演などで注目を集める中、本作では手だけを使った車の運転を習得し、実際にスポーツカーを運転して果敢に撮影に挑みました。


《魅力あふれる出演者》

猪狩ともかが演じるのは、父親の影響でカーレーサーになることを夢見ながら、交通事故により車椅子生活になったひきこもり女子・ヒナタ。『ふぞろいの林檎たち』シリーズなどのベテラン・手塚理美が、そんなヒナタを温かな眼差しで見守る母親役を愛情豊かに演じました。

『ヘヴンズストーリー』 『リリィシュシュのすべて』などの鬼気迫る演技で存在感を放つ忍成修吾が、本作ではヒナタの車を改造する整備士・茅野役で爽やかな笑顔をみせています。ダンサーTVドラマや舞台などで多才さを発揮している大澄賢也は、伝説のレーサー・神栖をミステリアスに演じました。

さらに、ヒナタの姉イツミ役・桜のどかと、妹のナナ役・涼邑 芹(「仮面女子」)が、独特な三姉妹の風合いを表現しています。

魅力あふれるキャスト達がバラバラだった家族の再生の物語を紡ぎ出してゆく、心温まるヒューマンドラマに仕上がりました。


《ビューティーディレクションに資生堂・原田 忠が参加》

本作では、資生堂トップヘアメイクアップアーティストとして世界中のファッションショーなどで活躍する原田 忠がビューティーディレクションを担当。それぞれのキャストに合ったヘアメイクアップの方向性を決定し、キャラクターの美しさと魅力を際立たせています。


《各分野で活躍する車椅子ユーザーが役者として出演》

主演・猪狩ともかの他にも、車椅子ユーザーが俳優として参加することも本作の特徴。 元バイク世界選手権参戦ライダーで、カーレーサーに転向し挑戦を続ける青木拓磨(レーシングシーン監修としても参加)、車椅子ファッションモデルとして活躍する日置有紀らが、作品に奥行きを与えています。


《音楽》

エンディングテーマ曲は、1997年デビュー以来、天性のポップセンスと卓越したソングライティング、斬新な言語感覚でその後の日本の音楽シーンに大きな影響を与えたロックバンドスーパーカーの「PLANET」。爽やかギターサウンドと心地よい歌声が本作のラストに爽快な余韻を与えています。

対して、本作の中盤で展開される回想シーンを伴ったミュージックパートには、大阪発・新鋭のインディーズバンド、WOMANの「breaking dawn」を起用。孤高の感性と飛び抜けた音楽的才能を感じさせる楽曲が、本作をありきたりなドラマの枠組みから一歩踏み出した味わいのある作品へと変化させています。


《監督/製作団体》

監督・脚本は、骨髄移植を題材にした『迷宮カフェ』(2015、KADOKAWA)などの、帆根川 廣。
映画『リスタート:ランウェイエピソード・ゼロ』は、映画を通して「誰もが輝ける社会づくり」に取り組む任意団体、バリアフリーフィルムパートナーズが製作。近日製作予定の劇場映画『ランウェイ』の序章として、インターネット配信や上映会などを中心に公開されます。



《完成披露上映イベントを開催いたします!》

資生堂グローバルイノベーションセンター S/PARK(エスパーク)」にて完成披露上映イベントを開催いたします。上映は、1階ロビーの世界最大ソニー製16K Crystal LED ディスプレイ※にておこないます。

主演・猪狩ともか、ほかキャストによる舞台挨拶をおこない、本作にビューティーディレクションで参加した資生堂トップヘアメイクアップアーティスト・原田 忠によるヘアメイクアップのデモンストレーションもご覧いただけます。
資生堂トップヘアメイクアップアーティスト・原田 忠によるヘアメイクアップのデモンストレーションイメージ



日時:2019年9月20日(金) 16:00開演予定 (舞台挨拶および取材対応は17:00頃~予定)
場所:資生堂 グローバルイノベーションセンター S/PARK(エスパーク) 1階
   神奈川県横浜市西区高島1丁目2−11
   みなとみらい線 新高島駅 2番出口直結

対象:一般(入場無料・入退場自由)/メディア(事前予約受付、当日受付も可)
登壇者:猪狩ともか、日置有紀、その他の映画出演者(※調整中・後日発表)、監督・帆根川 廣
出演アーティスト:原田 忠(資生堂トップヘアメイクアップアーティスト

(※ディスプレイは横長のため、一部を使用しての上映となります。また、上映素材は4Kとなります)


資生堂グローバルイノベーションセンター S/PARK(エスパーク)とは…》

「S/PARK(エスパーク)」は、横浜・みなとみらい2019年4月にオープンした、誰でも自由に訪れることができる美の複合体験施設です。最先端の研究施設である「資生堂グローバルイノベーションセンター」の1階と2階に開設され、“美のひらめきと出会う場所”をテーマとしています。「S/PARK Cafe」「S/PARK Studio」「S/PARK Beauty Bar」「S/PARK Museum」の4つのコンテンツと、16K Crystal LEDディスプレイによる高精細な映像コンテンツをお楽しみいただくことができます。


《完成披露上映イベント出演予定者》

■猪狩ともか プロフィール

1991年生まれ。アイドルグループ仮面女子メンバー2018年4月、強風で倒れた看板の下敷きとなり脊髄損傷により車椅子生活に。同年8月ステージに復帰。新聞・TVなど多くのメディアで取り上げられ注目を集める。NHK EテレハートネットTV」レギュラー出演中。法務省東京都など公的機関のイベント出演多数。東京都よりパラスポーツ・バリアフリー応援大使に任命され、今年6月東京パラリンピックの成功に向けた東京都主催の懇談会にも参加。さまざまなパラスポーツを体験してSNSなどで発信し、「心のバリアフリー」の推進に貢献している。本作が映画初主演となる。

■日置有紀 プロフィール

1989年生まれ。兵庫県出身。ファッションモデルバリアフリーフィルムパートナーズ共同代表。
18歳の頃、治療法の無い脊髄の病気を発症し、頚から下の麻痺となり電動車椅子ユーザーに。社会参加をしたいと仕事を探すが見つからず、社会から孤立していく。2008年、障がい者向けウエディングドレスの商品モデルをしたのを機に、モデルとして活動を開始。様々なメディアで取り上げられるようになり『車椅子モデル』の言葉を一般化させる。「NEWSな2人」、「バリバラ」、「めざましテレビ」他TV出演、国際福祉機器展H.C.R.ミクニ ライフオート・デモンストレーションヤマハ発動機・電動車椅子「02GEN」プロダクト撮影モデルなど。福岡アジアコレクション2017では、初の障がい者・車椅子モデルとして出演。車椅子ユーザーレインコートなどの商品プロデュースも手掛ける。本作にメミ役で出演。

■原田 忠 プロフィール

1971年生まれ。群馬県出身。航空自衛隊航空管制官を経て、資生堂に入社。
資生堂トップヘアメイクアップアーティストとして、NY・パリ・上海コレクション、資生堂ウーノ」の商品開発や宣伝広告等のヘアメイクに携わるなど活動は多岐にわたる。
ギタリスト布袋寅泰氏やももいろクローバーZビジュアルアートワークをはじめ、著名アーティストのCDジャケットミュージックビデオにビューティーディレクターとして深く関る。また、人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)のキャラクターをヘアメイクアップファッションで3 次元化するなど、ビジュアル表現による無限の可能性に挑戦・発信し、国内外から高く評価され話題となる。
2016年資生堂が運営するヘアメイクアップスクールSABFAの校長に就任。著書に、180作品以上を収録した作品集「原田忠全部」(女性モード社)、男の身だしなみの極意書となる「一流の男のボディケア」(PHP出版)がある。
2004年2012年にJHA(Japan Hairdressing Awards)グランプリ受賞、他受賞歴多数。

■帆根川 廣 プロフィール

1973年生まれ。群馬県出身。映画監督。バリアフリーフィルムパートナーズ代表。
エンプティーブルー』(2009)で劇場デビュー。骨髄提供を題材とした映画『迷宮カフェ』(2015・KADOKAWA)に企画から携わり、監督・脚本を務める。人生に迷った人々の再生の物語を温かな目線で描き、映画を観た人が実際に骨髄ドナー登録するなど骨髄移植の普及啓発にも寄与する。『迷宮カフェ』は現在でも全国各地で自主上映が継続中。
脳血管疾患のAVM(脳動静脈奇形)が判明し2010年放射線治療(サイバーナイフ)を受けて2014年に治癒。発症時、一時的に目が殆ど見えなくなったことをきっかけに「障がいや病気があっても活躍出来る社会作りを」との想いからバリアフリーフィルムパートナーズを立ち上げ、本作に挑む。


《作品詳細》

キャスト
ヒナタ役:猪狩ともか(「仮面女子」)
茅野役:忍成修吾
ヒナタの母役:手塚理美
神栖役:大澄賢也
イツミ役:桜のどか
ナナ役:涼邑 芹(「仮面女子」)
アン役:楠木まゆ(「仮面女子」)
スミレ役:木下友里(「仮面女子」)
ヒナタの祖母役:馬戸場 礼子
ヒナタの少女時代役(写真の出演):星木エマ(「スリジエ」)
竹田役:松浦佑樹
渡辺役:青木拓磨
メミ役:日置有紀

スタッフ
監督・脚本:帆根川 廣
プロデューサー:設楽盛也
題字:星野富弘
ビューティーディレクション:原田 忠(資生堂トップヘアメイクアップアーティスト
スーパーバイザー:古賀俊輔

監督補:岩渕 崇
撮影:平野晋吾
録音:安光雪江
編集:帆根川 廣
ヘアメイク:石塚由香 / 門馬宏一 / 松井 怜 / 恩田 希 / 丸谷美樹
衣装:大石真未
美術:帆根川 廣
制作担当:松井 兼
スチール:池田尚史
レーシングシーン監修:青木拓磨
ソシエトプロデューサー:勇太 / 渡邊常二

エンディングテーマ曲:
PLANET」スーパーカー株式会社ソニーミュージックレーベルズ)
作詞:石渡淳治 / 作曲:中村弘二 / 編曲:スーパーカー

挿入曲:
breaking dawn」WOMANFLAKE SOUNDS)
作詞:崎山弥幹 / 作曲:宇都宮 航 / 編曲:WOMAN

制作プロダクション株式会社スタジオステパノ
特別協力:エアムーブ住宅株式会社
協力:アリスプロジェクト吉本興業株式会社
特別協賛:イオンリテール株式会社株式会社資生堂
協賛:株式会社ミクニ ライフオート
企画・製作:バリアフリーフィルムパートナー
(C)2019. バリアフリーフィルムパートナーズ.



《取材のお問合せ・お申込先》

映画『リスタート:ランウェイエピソード・ゼロ』完成披露上映イベントのご取材をお願いいたします。
上映後に舞台挨拶・囲み取材をおこない、ムービー撮影も可能です。フォトセッションもございます。
事前に下記までご予約、または、当日現地にて広報担当者までお申込ください。

バリアフリーフィルムパートナー
電 話 03-6869-3373 (9:0020:00) ※イベント当日のご連絡先もこちらです
FAX 03-6869-3361 (24時間受付)
E-mail info@barrierfree-film.org
お問合せフォーム http://barrierfree-film.org/contact/

配信元企業:バリアフリーフィルムパートナー

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ