2019年8月26日付(集計期間:2019年8月12日2019年8月18日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、KinKi Kids堂本剛によるソロプロジェクトENDRECHERIニューアルバム『NARALIEN』が総合首位を獲得した。

 前作『HYBRID FUNK』から約1年ぶりとなるオリジナルアルバム『NARALIEN』では、“NARA(奈良)”と“ALIENエイリアン)”を合わせた造語をタイトル由来とする表題曲をはじめ、堂本剛本人が全収録曲の作詞・作曲・編曲(一部共編曲)を担当。初週63,725枚を売り上げてCDセールス1位をマークし、これが牽引する形で総合トップの座に輝いた。CDの初週売上は前作比80%とやや減で、ルックアップも10位と伸びしろが見られるが、本作に関しては、ジャニーズグループとしては珍しく、SNS上で動画広告が展開され、前週末の【SUMMER SONIC 2019】への出演(東京は荒天のためキャンセル)などもあり、特に週末は話題性が上昇したことが予想できるので、次週以降のセールスの伸び、ルックアップの動きにも注目したい。

 RADWIMPS天気の子』は5週目の集計となる当週、9,929枚を売り上げてCDセールス6位をマーク、累計9万枚を突破した。また、ダウンロードでは4,045DLを売り上げており、初登場以来5週連続で1位をキープ。ルックアップも1位となっているが、こちらは相変わらずポイントが右肩上がりで、3週連続で自己記録を更新し続けている。こうして前週から引き続き2冠を達成した本作は、総合では1ランクアップして2位に入っており、初週から続くトップ3入り連続記録を堅守した。映画『天気の子』は前週末の動員ランキング(興行通信社調べ)で2位に浮上しており、累計興収も100億円を目前としているが、音楽市場でもまだまだ“天気の子旋風”が止むことはなさそうだ。

 総合3位には、SUPERDRAGONの約半年ぶり、自身3作目となるアルバム3rd Identity』がデビュー。初週32,218枚を売り上げてCDセールス2位となり、これが大きな浮力となった。続く4位には、リリースから8週目を迎えた嵐『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が前週から3ランクアップしてエントリー。当週17,236枚を売り上げてCDセールス3位、ルックアップは前週に続き2位をマークし、フィジカル領域での根強さを発揮している。そして総合5位に入ったのは、倉木麻衣デビュー20周年を記念したオリジナルアルバム『Let's GOAL!-薔薇色の人生-』。CDセールス4位、ルックアップ37位となっているが、本日8月21日からはダウンロード配信もスタートしているので、こちらの初動次第では次週以降も上位を維持できるだろう。

 ニューシングル『馬と鹿』のリリース9月11日に控える米津玄師は、当週の総合アルバム・チャートで、『BOOTLEG』が20位から11位、『YANKEE』が56位から38位、『Bremen』が71位から55位、『diorama』が100位圏外から69位と、過去作品が軒並み順位を上昇させている。いずれもダウンロードとルックアップが主な浮力となった。新曲「馬と鹿」がパッケージリリースに先駆け、8月12日に配信開始となり、当週ソング・チャート“HOT 100”で2位を獲得。また、Foorinに提供した楽曲「パプリカ」のセルフカバーも大きな話題となっており、動画再生指標では当週1位をマークするなど、依然としてヒットメーカーとしての存在感を示し続けているが、そういった新作のプロモーション展開がグレー層まで訴求し、新規リスナーを増やしたことが過去作ランクアップの要因だと考えられる。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『NARALIENENDRECHERI
2位『天気の子RADWIMPS
3位『3rd Identity』SUPERDRAGON
4位『5×20 All the BEST!! 1999-2019』嵐
5位『Let's GOAL!-薔薇色の人生-』倉木麻衣
6位『くつひも』斉藤朱夏
7位『aurora arc』BUMP OF CHICKEN
8位『LOVE菅田将暉
9位『SUMMER TRACKS -夏のうた-』ClariS
10位『瞬間的シックスセンスあいみょん
11位『BOOTLEG』米津玄師
12位『ラブとポップ ~大人になっても忘れられない歌がある~ mixed by DJ和』(オムニバス)
13位『Brand-new idol Society』BiS
14位『MAGICback number
15位『834.194』サカナクション
16位『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド』スリップノット
17位『King & PrinceKing & Prince
18位『エスカパレード』Official髭男dism
19位『アンコールback number
20位『花組 大劇場「CASANOVAact 1 (ライブ)』宝塚歌劇団 花組

【ビルボード】ENDRECHERI『NARALIEN』が総合アルバム首位 新曲話題の米津玄師は過去作もチャート上昇