年俸の40%となる9.5億円をインテルが負担か 買い取りオプションの金額も詳細を交渉中

 マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、イタリアセリエAの強豪インテルとの移籍交渉が進んでいるとされる。イタリアサッカー専門サイトカルチョメルカート・コム」によれば、すでに基本合意していて、残すはクラブ間での調整のみだという。

 サンチェス2018年1月にアーセナルからユナイテッドイングランド国内移籍で加入したが、思うような活躍を見せているとは言い難い。そうしたなかで、アントニオ・コンテ新監督が就任したインテルが、新戦力であるベルギー代表FWロメル・ルカクパートナーとしての獲得を狙い、交渉がスタートしたとされてきた。

 インテルとユナイテッドの交渉は、主に期限付き移籍に対する金銭と買い取りオプションの金額、サンチェスの年俸負担の割合に集約される。そのなかで、いわゆるレンタル料に関しては無料。年俸に関しては両クラブで分割して負担し、インテルは700万ユーロ~800万ユーロ(約8億3000万円~9億5000万円)に及ぶ金額を支払うことで合意したという。

 ユナイテッドとの契約時には日本円にして約22億円の高額年俸を手にしていたとされるが、約40%をインテルが負担することで交渉がまとまった模様だ。残すは1年後の買い取りオプションの金額で、現在は1500万ユーロ(約18億円)をベースに交渉が進んでいるものの、2000ユーロ(約24億円)まで上昇する可能性があるとしている。

コンテ監督にとって、8年越しのサンチェス獲得が実現目前に

 いずれにせよ、現地時間23日が最終日となるセリエAの移籍市場がクローズする前には、メディカルチェックと正式契約を終わらせることができる見込みだという。

 サンチェスは06年から11年まで(08年まで南米クラブに期限付き移籍)プレーした、セリエAウディネーゼで一気に評価を高めた。11年からユベントスを率いたコンテ監督は、当時のウディネーゼから元ガーナ代表MFクワドゥオ・アサモアなどの主力を多く引き抜き、サンチェスも獲得を望んだ対象だとされていた。

 コンテ監督にとっては、8年越しとなるサンチェスを手元に置いたシーズンが実現しそうな状況だ。ユベントスの“1強”がリーグ8連覇という形で続くセリエAだが、その基礎を作ったコンテ監督率いるインテルが、チリ代表アタッカーの補強でその対抗馬として戦力を上積みすることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

マンチェスター・ユナイテッドFWサンチェス【写真:Getty Images】