2019年8月21日
第19058号


JALは、航空輸送事業を通じて、ネットワークを活かした地域特産品の発掘などの地域産業支援や、交流人口の創出による観光振興など、地域の活性化に向けて継続的にお手伝いする「新JAPAN PROJECT」に取り組んでいます。
「新JAPAN PROJECT」では、地域活性化の取り組みの一環として、より深く地域を紹介できるよう、歴史、文化、自然、グルメなどの魅力を月単位でお伝えする、「地域プロモーション活動」を行っています。9月は、宮城県を特集します。
地域プロモーション活動特集ページ URLhttp://japan.jal.co.jp/introduction/

1. 機内誌「SKYWARD」 9月号(日本語記事)
日本語記事では、県北部のラムサール条約にも登録されている伊豆沼・内沼に秋の深まりにあわせてやってくる渡り鳥とその周辺地域に暮らす人とのつながりを紹介します。
2. 機内誌「SKYWARD」 9月号(英語記事)
英語記事では、北極圏の湿地帯から越冬のために飛来する渡り鳥のマガン、最盛期には3000羽ほどになるオオハクチョウなど、この地でしか見られない貴重な野生の生態を観察できる伊豆沼・内沼を迫力の写真とともに紹介します。
3.機内ビデオニッポン 歩いて新発見!」
機内ビデオ(*1)では、JALオリジナル番組「ニッポン 歩いて新発見!」を放映します。当番組は、まるでその場所を旅しているような感覚でご覧いただけます。今回は県北地方で、滝つぼをそのまま利用している温泉や1,000年以上前の火山噴火で生まれたカルデラ湖で楽しむウォータスポーツ大自然の恵みが育む食材を使った料理やデザートを紹介しています。
(*1) 国内線前方スクリーンでは2019年9月に時刻表上のフライトタイムが65分以上の下り便(奇数便)にて放映。国際線機内ビデオチャンネル2019年10月11月、国内線機内Wi-Fi無料プログラムでは2019年11月2020年1月にご覧いただけます。

4内線ファーストクラス仙台市「楽・食・健・美 -KUROMORI-」プロデュースによる夕食を提供
国内線ファーストクラスの夕食(*2)は、「楽・食・健・美 -KUROMORI-」の黒森洋司(くろもりようじ)オーナーシェフによる監修メニューを提供します。「『楽しく食べて健やかに美しく』をコンセプトに、生産者と協働し県産食材の潜在能力と魅力を発信したい」、と語る黒森氏。食を通じた復興支援・地域活性化貢献という思いを込め、地元食材をふんだんに使用したシンプルながらも食材の魅力を最大限に楽しめるメニューが完成しました。冷菜には、ジューシーで旨味が強くさっぱりとした味わいの「森林どり醤油漬け」、「蒸し森林どり もやし 怪味ソース」、宮城県の伝統食として昔から愛されてきた「丸森町へそ大根の漬物」、「蔵王JAPANX(*3)の肉味噌春雨サラダ」などを提供します。メインには、帆立の粒の大きさと食材の旨味を引き出すよう丁寧に仕上げられたXO醤ソースが魅力の「宮城県産帆立の石渡(いしわた)商店XO醤ソース」、柔らかい肉質とまろやかな味わいが特徴の「蔵王フランス鴨の肉団子 黒酢ソース」、臭みがなく良質な脂身が楽しめる「蔵王JAPANX豚角煮」などをご用意しました。これらの料理を組み合わせた3種類のメニューを、上旬・中旬・下旬と10日替わりで提供します。
(*2) 17:00以降の出発便対象。沖縄便は18:00以降の到着便で提供。上旬・中旬・下旬でそれぞれのメニューをご用意。
(*3) 豊かな自然の恩恵を受けて育った宮城県ブランド豚。
《お米》
●「プレミアムひとめぼれ みやぎ吟撰米」
生産と品質の認定基準を満たしたワンランク上の特別な「ひとめぼれ」です。環境にやさしい生産方法で手間をかけて美味しいお米を作ることをコンセプトに、農薬や化学肥料を通常の半分以下に減らすことを条件に生産され、一等米やたんぱく質の含量など、6つの基準が設けられた高品質なお米です。厳しい基準をクリアした、まさに自然の恵みから生まれた甘さとツヤが最高の「ひとめぼれ」をお楽しみください。
日本酒
●「萩の鶴 純米大吟醸」(宮城県 萩野酒造株式会社
県北部旧奥州街道沿いにある宿場町、たくさんの萩が美しく花を咲かせることからその昔「萩の村」と呼ばれた有壁(ありかべ)で天保11年(1840年)に創業。この「萩」と縁起のよい「鶴」とを組み合わせ、「萩の鶴」と名付けました。豊かな自然と良質な水に恵まれた環境の中、歴史と伝統を守りながらも新しい技術を積極的に取り入れ、カジュアルに楽しめる酒を醸しております。
本商品は世界最大規模の市販酒鑑評会「SAKE COMPETITION 2019」純米大吟醸の部において、出品数480点の中から第3位に輝きました。華やかでエレガントな香りと、ふくよかでありながらも爽やかで洗練された味わいをお楽しみください。

《茶菓》
エアバスA350就航記念「REDジュエル」(仙台市 Patisserie & Café MythiQue) for JAL
夕食時には、新型機エアバスA350が9月より就航する記念として特別にご用意したデザートREDジュエル」を提供します。JALカラーRED」の輝きが溢れ出す宝石をイメージしたスイーツです。真っ白な蔵王クリームチーズヨーグルトを合わせたオリジナルレアチーズ生地の中には、甘酸っぱいフランボワーズソースが入っています。さっぱりとして濃厚かつ、コクが感じられる繊細でバランスのよいケーキです。

5. WEBマガジンOnTrip JAL」にて宮城県の旅を紹介
「OnTrip JAL」は、上質で旬な旅の見つけ方、旅先でも便利なアイデアなどをお届けするWEBマガジンです。「OnTrip JAL」内のコンテンツの一つである、全国各地の街の歴史や文化、グルメ情報などをお届けする「西村愛のゴーゴートリップ」で、公共交通機関でめぐる宮城の魅力的なスポットを紹介します。

「西村愛のゴーゴートリップ」URL: https://ontrip.jal.co.jp/article/spot/dom_gogotrip_201908/
「OnTrip JALURL: https://ontrip.jal.co.jp/

6. e JALポイントツアーなどで宮城県を盛り上げます
【仙台発着路線 搭乗キャンペーン
仙台空港発着のJALグループ便に対象運賃でご搭乗のお客さまに、抽選でe JALポイントなどが当たるキャンペーンを実施します。

  1. 期間: 2019年9月1日11月30日(ご搭乗日)
  2. 対象路線: JALグループ国内線仙台発着全路線
  3. 対象運賃: フライトマイル積算対象の全運賃
  4. 内容: 対象期間中、専用サイトよりお申し込みのうえ、対象路線・運賃にて
  1. ご利用された方に、抽選で1,000 e JALポイント100名様にプレゼントします。
搭乗キャンペーンの詳細については、以下WEBサイトをご参照ください。
URLhttp://www.jal.co.jp/jmb/japan/2019/miyagi/

【「JALふるさとからの贈りもの」宮城県の商品に交換いただけます
JALでは、日本各地の地域活性化への貢献を目的として、「JALふるさとからの贈りもの」を展開しています。お持ちのマイルをつかって日本各地の名産品や工芸品、体験クーポンなどに交換いただけます。
商品名: 〔伊豆沼農産〕風土フットパス1~2名様
必要マイル数: 10,000マイル
フットパスは森林や田園地帯、歴史的な景観、街並みなど、地域に昔からあるありのままの風景を歩く速さで巡り、地域の暮らしぶりを感じていただく体験プログラムです。車の旅では見えない地域のさまざまな魅力をガイドがご案内します。10,000マイルで2名様までご利用いただける体験クーポンをお届けします。
東北地域の商品一覧: URLhttps://www.jal.co.jp/jalmile/use/furusato/area/tohoku/
そのほかの地域の商品一覧:URLhttps://www.jal.co.jp/jalmile/use/furusato/

JALパックでは鳴子温泉の宿泊を紹介】
JALパックでは、JALダイナミックパッケージでお得な特典満載の「温泉特集」にて鳴子温泉を紹介しています。「温泉特集」では他にも宮城県内の秋保(あきう)温泉、南三陸温泉もラインアップしております。そのほか、仙台市内を中心に宮城県内各地の宿もご用意しています。
≪温泉特集 鳴子温泉≫
奥州三名湯の一つに数えられる、鳴子温泉郷の中心地「鳴子温泉」。日本有数の源泉数をもつ鳴子温泉には数多くの温泉宿、二つの共同浴場、五つの足湯、一つの手湯があり、食事処、土産店が並ぶ賑やかな温泉街の散策が楽しめます。鳴子温泉では「湯元 吉祥」と「源蔵の湯 鳴子観光ホテル」をご紹介しています。
「湯元 吉祥」  露天風呂  
「源蔵の湯 鳴子観光ホテル」 大浴場
「温泉特集」詳細については、以下WEBサイトをご参照ください。
URLhttps://www.jal.co.jp/domtour/jaldp/onsen/minami_tohoku/index.html?id=mainCont01

また、「JALダイナミックパッケージ」のお申し込みは、以下WEBサイトをご参照ください。
PC版URLhttps://www.jal.co.jp/domtour/jaldp/
スマホ版URLhttps://sp.jal.co.jp/tour/

JALは今後も地域活性化を通して、SDGs達成に向けて取り組んでまいります。

以上

配信元企業:日本航空株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ