2019年8月18日に、静岡県静岡市にあるベイエリア「清水マリンパーク」にて、恒例となっている痛車イベント「清水痛車シーサイドフェス2019(シスフェス)」が開催されました。

【写真】ねとらぼ賞に選んだ「みっくみく」な痛車

 全国から集まった160台以上の痛車、20台以上の痛バイク痛チャリがずらりと並び、会場内は夏の暑さに負けない熱気に包まれました。

 2016年に初開催されたシスフェスは、痛車だけでなく、コスプレや音楽イベントなどもあわせて楽しめる静岡のサブカルイベントとして人気を集めています。

 西欧の城壁を彷彿とさせる清水マリンパークを会場としていることから、集まった痛車オーナーたちは洋風の背景をバックにした痛車の写真を撮ったり、全国から集まった痛車オーナー同士の親睦を深めるなどしてイベントを楽しんでしました。

 そして、シスフェスといえば、痛車オーナーと特別審査員による人気投票企画が目玉。今回も前回に引き続いて「ねとらぼ」も特別審査員として参加しました。

 多くの痛車の中から「ねとらぼ賞」として編集部が選んだのは「スズキ スイフトスポーツ」を、ボーカロイド初音ミク」仕様で仕上げた痛車。筆者だけでなく、編集・春山優花里の推しも合わせて選びました。車体全体に描かれた初音ミクイラストだけでなく、ヘッドライトやホイールなど細かな部分でも初音ミクを感じさせる演出、初音ミクシルエットを再現したエンブレムなど、ナンバーまでこだわったガチっぷりに魅了されました。

 ちなみに人気投票では「スバル レガシィBH5」を美少女ゲーム「ものべの」仕様で仕上げた痛車が選ばれました。白をベースにどの角度から見てもキレイに描かれたイラスト、そして車内では来場者のみが見られる特別な装飾も施された仕様となっており、そのこだわりに多くの痛車オーナーたちが魅了されたようです。

 シスフェスに参加した痛車を紹介するレポートは後日公開予定。全国各地から集まった痛車やコスプレイヤーまで、イベントで撮影した写真をたっぷりお届けしますので、お楽しみに!

痛車がずらりと並んだ清水マリンパーク。今年も全国各地からたくさんの痛車オーナーたちが集まりました