GVは、お金の情報サイト「まねーぶ」でFP(ファイナンシャルプランナー)である伊藤亮太氏監修のもと、全国20~69歳のキャッシュレス決済利用者1000人を対象にキャッシュレス決済の利用調査を実施した。調査期間は8月1~3日。

画像付きの記事はこちら

 クレジットカード利用件数は1192件と、キャッシュレス決済方法のうち最も多く、決済システム導入店舗数が多いこともあってメジャーな決済手段といえるという。中でも、「楽天カード364件)」はクレジットカード利用者の約3人に1人が保有・利用していることが分かったとのことだ。

 一方、デビットカード利用件数は172件とクレジットカード利用件数に比べて3割と少ないという。そのうち、「VISAデビット(84件)」がデビット利用件数のおよそ半数を占めているとのことだ。

 交通系・流通系電子マネーカード型)の利用件数は1175件で、「nanaco263件)」が最も多く、次いで「Suica240件)」「WAON224件)」と、主要な交通系・流通系電子マネー3社が割合を占めているという。

 スマートフォン決済(コード決済・ポストペイ型)利用件数は1097件で、「LINE Pay(313件)」が最も多く、次いで「PayPay218件)」「楽天ペイ(202件)」と、大規模な還元キャンペーンを実施したサービスの利用率が目立つとのことだ。

 キャッシュレス決済時に重視する項目については、「ポイント還元率(26.6%/1596ポイント)」が最も高いという。次いで、「セキュリティ(20.0%/1200ポイント)」「利用店舗数の多さ(15.8%/948ポイント)」「スムーズな支払い(13.7%/820ポイント)」と続く。

 なお、「現金とキャッシュレス決済どちらが便利ですか」という質問に対して、「現金(4%)」「どちらとも言えない(27%)」だった一方、「キャッシュレス決済(69%)」と7割近くがキャッシュレス決済を支持する結果になったとのことだ。

GVがキャッシュレス決済利用者1000人を調査