日本エイサー8月21日、「Aspireシリーズより、11.6型ノートPC「A111-31-A14P/F」と「A111-31-A14P」を発表した。9月6日に発売する。

今回の新モデルは、OSにWindows 10(Sモード)を搭載。Microsoft Office Home & Business 2019 (個人向け) をバンドルした「A111-31-A14P/F」と、Officeなしの「A111-31-A14P」という2モデルを用意。店頭予想価格(税別)は、Officeありの「A111-31-A14P/F」が52,000円前後、Officeなしの「A111-31-A14P」が32,000円前後。

位置付けとしては、「はじめてのPC」や「サブPC」に適したエントリーモデル。万が一のデータトラブルのために「データ復旧安心サービス」を標準で付属した。購入日から1年の期間、データを損失したときに復旧を申し込める。

ディスプレイ180度まで開ける構造で、使用シーンに合わせて自由に角度を調整可能。非光沢液晶パネルを採用し、解像度は1,366×768ドットブルーライト対策メガネと同等の効果を発揮するという「Acer BluelightShield」を標準装備。強・中・弱・長時間の4段階で、ブルーライトカットの効果を調整できる。

主な仕様は、CPUIntel Celeron N4000(1.1GHz)、メモリDDR4 2,666MHz 4GB(最大8GB)、ストレージが64GB eMMC、グラフィックスがIntel HD Graphics 600(CPU内蔵)。OSはWindows 10 in S mode 64bit。

ネットワークは、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LANBluetooth 4.0。インタフェースは、USB 3.0×2、USB 2.0×1、HDMI×1、SDメモリーカードリーダーなど。バッテリ駆動時間は約10時間。本体サイズは約W291×D211×H20.95mm、重量は約1,070g。
(リアクション)

画像提供:マイナビニュース