2019年8月21日に放送された情報番組『バイキング』(フジテレビ系)に、美容外科『高須クリニック』の高須克弥院長が出演。

悪質な『あおり運転』について持論を明かしました。

高須克弥院長「イジメの構造と同じ」

番組では、世間をにぎわせている茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた『あおり運転殴打事件』について特集。

あおり運転殴打事件』とは、高速道路で運転していた被害者男性に対し、宮崎文夫容疑者があおり運転を行い男性の車を停止させた後、「殺すぞ」などと脅迫し暴行した事件です。

今回の事件に対するコメントを求められた高須院長は「僕らの世代は、あおり運転が普通のことのように行われていた」と振り返りあおり運転をする加害者の考えを推察しました。

結局弱いものいじめをしたい人たちが、なめて(あおり運転を)やってくるんで。

(車を)停めさせた後、(腕っぷしの強そうな)朝青龍ボブ・サップが出てきたら、きっと「(やっぱり)いいよ」っていうと思うんですよ。

いっぱいボンボンやられて殴って、味をしめると「あー弱いヤツ殴ると気持ちいいんだ」って、あれいじめの構造と同じですよ。

僕、なめられないようにダンプの免許証取って。

バイキング ーより引用

高須院長は、悪質なあおり運転をする人と被害にあう人の関係がいじめの構造と同じ」だと力説。

さらに、自身はあおり運転をされないように、なんとダンプカーの運転が可能な免許を取得したというのです!

高須院長の告白に、番組の共演者たちからも驚きの声が上がりました。

ネットの声】

あおり運転にダンプで対抗!

・さすが高須院長。スケールが違う。

・「いじめの構造と同じ」って、一理あると思う。

あおり運転が起きてしまう背景はさまざまです。加害者の中で小さな怒りが膨れ上がった結果、感情をコントロールできなくなり、危険な行為に及ぶ場合もあります。

加害者が一方的な悪感情で被害者を痛めつける…そんな関係は本来あってはならないもの。一件でも多く、あおり運転による被害がなくなるよう、社会が変わっていくべきなのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
バイキング