通勤電車の不快度が向上するこの時期。自分もその不快度向上に一役買ってしまうなんてことがないよう、制汗や体臭対策に注力している人もいることでしょう。

夏 ビジネスマン
※画像はイメージです(以下同じ)
 しかしそのニオイ対策、自分の独断で行ってませんか? 自分の体臭は自分ではあまり分からないもの。主観のニオイ対策は場合によって、さらに人に迷惑をかけてしまうかもしれません……。

モテモテな同期の体臭対策を物まね

 昔から多汗症だった篝屋幸太さん(仮名・30歳)は、節目の年齢を迎えたこともあり、体臭対策を本気で考えるようになったといいます。

「30代になって、いつまでも爽やかイメージではいられないと思っていました。そんな時に自分の娘から『パパくさい~』と言われたことがショックで、真剣に体臭対策を考えることにしました」

 既婚者ですでに子供も1人いる篝屋さん。普段の制汗・体臭対策は「朝イチの制汗スプレーと、出勤後の制汗シートくらいだった」と自省します。さすがに通勤時や、汗だくになって遊ぶ時のニオイ対策にならないと、他の対策を模索していました。

「いろいろ悩んでいた時に、モテる同期に何か体臭対策をしているかと聞いたところ『香水を使っている』と言っていました。香水を使ったことはありませんでしたが、同期に一言『真似させてくれ』と伝え、同じものをAmazonで購入しました」

 アマゾンライムで翌日には香水を受け取り、早速通勤前から香水をつけて出勤することに。

妻からのまさかの発言「おもらしした?」

スメハラ

「届いた香水は中性的な柑橘の香りでした。心なしか通勤時のイヤなニオイも、自分の袖もとの香水の匂いを嗅げば乗り切れるようになり、買ってよかったなあという感想でした」

 しかし、その数日後、篝屋さんは娘から悲しい事実を聞かされることになるのです……。その日は娘と公園で遊んでいたのだそう。

「香水もつけたし、もう“クサイ”発言もされないだろうと気分も上々でした。嫁にその一言を言われるまでは……」

 しかし、悲しいかな篝屋さんは、公園からの帰り道、奥さんにこう言われます。

「パパ、おしっこのニオイ! おもらししたんじゃないの?」

 もちろん奥さんが心配したのは娘さんのお漏らし。しかし、娘さんは漏らしておらず……。クサかったのは汗をかいた篝屋さんでした。

独断のニオイ対策が失敗したワケ

スメハラ

「公園で間違えて犬のおしっこでも踏んだのかなと思っていましたが、そうではなかったようでした。その日はオフだったし、汗をかいた後に香水を足して帰ってきたんです。どうやら臭うのは僕の服らしく、嫁と娘が揃ってそれを“おしっこくさい”と言ったんです。

 自分ではよく分かりませんでしたが、嫁いわく香水はその人の体臭に合う合わないがあるそうで……同期の香水を嗅いだ時はなんとも思いませんでしたが、どうやら僕の元のニオイとこの香水があまり合っていないよう。

 酸っぱいニオイがどうしてもおしっこのソレだというんです……。汗だくの通勤電車で周りの人も同じことを思っていたとしたら……もう怖くて香水は使えなくなってしまいました」

 ネットでなんでも買えることは便利ですが、匂い系のものは店舗で購入するのが無難かもしれません。香水は付けてすぐと、付けてから時間が経ってきた時では香りが変わるものもあります。自分のニオイは自分では分からないので、いつも一緒にいる恋人や親友に付き合ってもらって、意見を聞いてからの購入が無難かもしれません。

TEXT/ミクニシオリ >

【ミクニシオリ】

ゲスライターミクニシオリ。略してゲスミです。ワンポイントモテテクと出会いの場についてすごく詳しいフリーライター広告代理店から都落ちしたサブカルクソ女です。勇気のある人はTwitterのDMにご連絡を、スパム出会い厨も返信率100%です☆ Twitter:@oohrin