dog cover_e


 つい先日、SNSに投稿されたある写真が、多くのメディアで取り上げられるほど話題になっている。

 それは劇場の座席に行儀よく座る犬たちの姿を写したものだ。

 犬たちはすべて介助犬で、訓練のためにこの劇場をハンドラー(調教師)たちと共に訪れていたという。

 他の観客がミュージカルを楽しむ中、訓練中の介助犬たちは実におとなしくその場に留まり、俳優や他の観客が感心するほどの素晴らしい態度を見せていたようだ。

―あわせて読みたい―

ディズニーランドでじっと座って似顔絵を描いてもらっていた介助犬のかわいさにキュン死者続出
自閉症の少女、待ちに待った介助犬を手に入れた。うれしくて涙が止まらない。
もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?その時にやるべき対応
子供に介助犬を撫でさせたかった母親。それを断られてブチ切れ、口喧嘩がエスカレート(アメリカ)
何にしよう、何をあげよう?いつも助けてくれる介助犬の誕生日。好きなオモチャを選んでもらうことにしたところ・・・

劇場で上演された特別なショーに介助犬が出席

 8月16日カナダのオンタリオ州南部にあるストラトフォード・フェスティバルの劇場では、ミュージカルビリーエリオット」の特別版が開催された。

 このショーは「リラックス・パフォーマンス」と呼ばれ、通常のパフォーマンスショーよりもノイズや点滅ライトが少ない緩やかな鑑賞ルールが設定された。

 そのため、より柔らかい証明や穏やかな音を必要とする人、障害者や自閉症スペクトラムを抱えた人、また小さな子連れの家族などが周りの目を気にせずに楽しめるようになっていた。

 そしてこの日、それらの観客以外にこのショーを見に来たのが、プードルゴールデン・レトリバーなど様々な介助犬たちのグループだった。

 犬たちは、K9 Country Inn Working Service Dogsという団体で介助犬としての訓練を受けている真っただ中で、今回はミュージカル上演の劇場が訓練の舞台となり、ハンドラーたちに連れられて劇場にやって来たのだ。


ハンドラーも驚くほどの行儀よさを見せた介助犬たち


 劇場にやってきた犬たちは、周りの観客だけでなくステージ上の俳優までも驚かせた。というのも、犬たちは実に行儀よく、我慢強い態度で162分もの長い間、じっとハンドラーの傍に座っていたからだ。


 K9 Country Inn Working Service Dogsの経営者で調教師でもあるローラマッケンジーさんは、ミュージカルの上演中、犬たちが非常に素晴らしい態度で居続けたことを喜び、次のように語った。

劇場は、照明や大きな音や声、様々な動きなど、犬にとっては刺激を与えられる場所です。ですが、そのような狭い場所でも介助犬は長時間リラックスして我慢しなければなりません。

訓練中は、人混みから移動したり、狭い通路を横切ったりトイレに案内したりとハンドラーと共に他の観客と同じことを行う訓練をさせました。もちろん、犬たちは食べ物や周りの人を気にかけてはいけません。

今後、飼い主が参加するかもしれない様々なアクティビティを想定し、それに慣れておくことが、介助犬には何より重要なのです。


ステージ上の俳優らも観客も介助犬の態度に感心


 今後、飼い主となる人物をどのようにサポートするかという重要な役目を背負った介助犬たちの忍耐強い態度には、俳優や他の観客も大いに関心を示していたという。

劇場スタッフは、最初はステージ上の俳優でさえ、客席の犬を見てショックを受けていたと話していました。犬たちは、長時間鳴き声一つも挙げず、落ち着いた様子でその場にいました。今回の訓練では、介助犬たちは本当に素晴らしい仕事をしてくれたと思っています。

ハンドラーは、犬を様々な状況に対応できるよう、いろんな場所で訓練をしています。しっかりと訓練を受けた介助犬たちが、一旦認定されると、飼い主とどこにでも行けると私たちは確信しています。(マッケンジーさん)


 ベテランの調教師でさえ、介助犬の訓練は容易ではないと語る。現在、K9 Country Inn Working Service Dogsでは20の犬とハンドラーのチームが一緒に働いており、プログラムの卒業には約2年かかるとのことだ。

 しかし、今回の劇場での訓練では、K9 Country Inn Working Service Dogsスタッフ一同が、介助犬たちの態度に驚きながらもかなりの喜びを感じたようだ。


劇場でのキュートな介助犬の写真がSNSで拡散


 ストラトフォードの劇場で、上演後にキュートポーズを決める介助犬たちの写真がSNSに投稿されると、多くのユーザーらの心を溶かした。

 俳優のマーク・ハミル氏は、ツイッターでこのようにウィットに富んだツイートをした。

CATSによるパフォーマンスだったのだとしたら、この空席も理解できる。

 マッケンジーさんは、可愛い介助犬たちの写真が拡散したことに喜びを感じながらも、介助犬の存在がどれほど大切かという視点で世間に認識してもらえるようになればと、次のように語った。

介助犬とは何か。そして、介助犬が地域社会のために何ができるのかということを、人々が理解してくれることを願っています。

介助犬に関しては、過去に偽の介助犬が出たりして悪い報道もされました。だからこそ、今回介助犬について知ってもらういい機会になるのではと思っています。

彼らは、厳しい訓練に耐えた優秀なパートナーなのです。

References:Global Newsなど / written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278411.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

台所から不穏な音。焼く前の状態のクッキーが4つなくなっていた。犯人は一目瞭然のハスキーだった。
朝起きたらバスルームで愛犬がこんな顔してた。冷凍ポテトをこっそり食べようとして食べ損ねたブルドッグの表情
ボーイフレンドが犬に嫉妬。大切な愛犬を売り払われてしまった女性。メディアで拡散され無事に再会(アメリカ)
「どうぞご自由におモフり下さい」猫が床に転がったまま微動だにしないレストランの風景(タイ)
留守番を任されたゴールデンのアベリーさんが見せた哀愁に満ちた表情がこちら

―知るの紹介記事―

母性本能の手がかりが発見され、産後うつなどの精神疾患が緩和できるかもしれない(米研究)
そういうオチだったんかい!背中で恐怖を感じたり、口元でニヤリと笑える、2文仕立てのショートホラーストーリー
火船戦術の極み。史上最大の大量破壊兵器と称される浮遊爆弾「ヘルバーナー」の歴史(ヨーロッパ)
ボーイフレンドが犬に嫉妬。大切な愛犬を売り払われてしまった女性。メディアで拡散され無事に再会(アメリカ)
ビンビンになると噂の地衣類を食べる人が続出中。毒性があるので危険と植物学者が注意喚起(ニュージーランド)
たくさんの犬たちが劇場の座席にきちんと座ってミュージカル鑑賞!お行儀の良いその姿に世界が感動(カナダ)