8月21日放送の『山里亮太不毛な議論』(TBSラジオ系)で、15日に行われた自身のライブ山里亮太の大140〜いざ、2019夏の天王山!〜」について語られた。このライブは、ツイッターの書き込みを元にしたトークライブである。中野サンプラザを満員にした大成功のライブとなった。

 この日のライブには、夫人の蒼井優もお忍びで参加していた。当然マスコミも待機していたが、ばれないように関係者席に秘密裏に案内する予定だった。ただ、観覧に来ていた山里の実父が「優ちゃんこっちこっち」と叫んでしまい、あっさりとばれてしまったようだ。後に、山里が父を注意すると、75歳にしてむくれていたという。山里も「素晴らしい娘ができたから嬉しくてしょうがないのかな」と語った。

 山里はライブの成功はリスナーなど良い仲間に恵まれたためと語り、そこで思い出されるエピソードとして、後輩芸人について語った。

 山里は結婚会見の直後から「山里にひどいことをされた女性」「行きつけの風俗店や変態プレイ」などを探る取材が複数の芸人に来ていた。だが、芸人たちは話に応じず、感謝の気持ちを過去の放送では伝えていた。ただ、山里は「目立ってしまうのは、そういう仕事であるから仕方ない」とし、さらに「今までそういう記事を自分たちが見てキャッキャッ言っていたわけだから、逆になったところで否定するのもどうか」とも達観した気持ちもあったようだ。

 いざ、出来上がったアンチ記事を見てみると「びっくりしたね。クロちゃんが答えていたのよ。ガッツインタビュー載っていてあの野郎と」と怒りをにじませていた。安田大サーカスクロちゃんは、山里の結婚発表以降「絶対許さない」とし、山里からLINEブロックされていると暴露していた。山里アンチ芸人の急先鋒と言えるだけに、やはり率先して記事に登場したようだ。

 これを受け、ネット上では「クロちゃんまじでクズだな。だけど芸人としてはこっちが正解かも」「これは論争化必至だな」といった声が聞かれた。新たなバトルの火種が巻き起こりそうだ。

南海キャンディーズ・山里亮太