映画「天気の子」の新海誠監督(46歳)が8月22日、自身のTwitterで、同作の興行収入100億円突破を感謝している。

天気の子」は7月19日に全国で公開。8月21日時点で興収100億円を記録し、日本映画としては同じく新海監督の「君の名は。」以来、3年ぶりの大台突破となった。

新海監督は「映画『天気の子』の興行収入が100億円を超えたとのこと。邦画では『君の名は。』以来、3年ぶりだそうです。映画を支えてくれたスタッフの皆と、映画を観てくださった750万人の方々に心から感謝いたします。そして偶然ですが、今日はヒロインの陽菜の誕生日です。おめでとう陽菜さん!笑」とツイートしている。