5度のグラミー賞受賞歴を持つ伝説的ミュージシャンエルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』(8月23日公開)。『キングスマンシリーズで一躍ブレークし、主人公エルトンを演じた本作では、全21曲もの楽曲を自らの声で歌い上げたタロン・エガートンと、『ボヘミアン・ラプソディ』(18)の最終監督を務め、本作で新たな音楽映画に挑戦したデクスターフレッチャー監督がそろって来日。タッグを組むのは『イーグルジャンプ』(16・未)に続いて2度目となる2人が『ロケットマン』に懸けた想いを語ってくれた。

【写真を見る】固い信頼関係で結ばれ、仲の良さも印象的なデクスター監督とタロン

「コンニチハ~。アリガトウゴザイマース!」とカタコトの日本語で挨拶をしながら、元気にインタビュー室に入ってきた2人。さらにデクスター監督は“タロン・エガートン”“デクスターフレッチャー”とカタカナで自ら書いた紙を持ち、その名前とタロンと自分のことを交互に指さすというお茶目な自己紹介を披露。思わずクスッと笑ってしまう、なごやかな雰囲気を瞬時に生み出す手腕はさすがだ。

■ 「(デクスターは)眼鏡を2つかけているスタイルがおもしろい(笑)」(タロン)

――2人は、1988年オリンピックに出場した実在のスキージャンプ選手、エディ・エドワーズの伝記映画『イーグルジャンプ』でも一緒に仕事をされていますが、監督から見た、俳優としてのタロン・エガートンの凄さとは?

デクスター監督(以下、監督)「『イーグルジャンプ』の時は、タロンはスキーが全く出来なかったので、使い物にならなかったんだ(笑)

タロン「そうだったね(笑)

監督「でも、タロンがすばらしい歌声を持っていることは知っていたので、今回、彼がエルトン・ジョンを演じるという企画を聞いた時、なんてすばらしいアイデアなんだと思って食いついたよ。実際、タロンはすばらしい演技を見せてくれたね。本作は完全にミュージカルだったので、一人ひとりのキャラクターの心情や、そのシーンで伝えたい感情を、歌声に乗せていく必要があった。演じながら、歌唱力も証明しなければならなかったんだ。タロンはその両方ができる稀有な役者。特に本作は、楽曲の新たな解釈というのも、タロン自身が加えなければならなかった。本当にタロンにしかできなかった役だと思うね」

――タロンさんは監督のどんなところに惹かれますか?

監督「わー、やめて、やめて(と恥ずかしがる)」

タロン「まず、デクスターは髪型がサイコーだよね。常に眼鏡を2つかけているスタイルもおもしろい(笑)。あと、誰よりも2倍賢い」

監督「ひー(と照れる)」

タロン「デクスターとは『イーグルジャンプ』の前から、本作のプロデューサーマシュー・ヴォーン(『キングスマンシリーズを立ち上げた人物)を介して、友情を育んでいたんだ。エルトン・ジョンを演じるのは正直なところ、危険を恐れない思い切りがかなり必要だった。エルトンは衣装が派手だから、周囲から『凄い格好しているね……』という色眼鏡で見られる可能性もあったけど、そんな中で僕が落ち着いて演技ができたのは、デクスターが良い環境を作ってくれるという絶対的な安心感があったから。彼は監督としての情熱も、物語を扱う能力も高いんだけど、何よりも僕にとっては、確固とした信頼関係を築けていることが一番大きいんだ。それって、監督と俳優の関係としては、けっこう珍しいんだよ。他の監督にはないことなので、本当にすばらしいと思う」

監督「やったね!(と両手の親指を立てて喜ぶ)」

■ 「(エルトン・ジョンは)地に足のついた本当に普通の人」(デクスター監督)

――本作はエルトン・ジョン自身が製作総指揮に加わっています。映画制作の上で、エルトンからはどのようなアドバイスがありましたか?

監督「タロンからどうぞ」

タロン「エルトン・ジョンの凄いところは、僕たちに自由にやらせてくれたということだと思う。これは間違いなく、エルトンの音楽を使って、彼の人生を物語る映画なんだけど、同時に僕たちが作る映画でもあるわけで。そのことをエルトンは本当に尊重してくれた。終始ずっと支えてくれて、とても親切にしてくれたんだ」

監督「エルトン・ジョンは制作のかなり初期の段階で、タロンに『見た目にしても、歌声にしても、僕に似せる必要は全くないんだよ。君の解釈で僕自身を演じてくれればいい。そうじゃないと、表面的な薄っぺらい、ただのモノマネ映画になってしまう。僕たちが作りたい映画はそういうものじゃないんだから、君に全てまかせるよ』と言っていたのをよく覚えているよ」

タロン「僕は……エルトン・ジョンになったんだ!」

監督「いやいや、君はエルトン・ジョンじゃないんだって。錯覚しないでね(笑)

――本作を通して、エルトン・ジョンと交流を持ち、彼のことをより深く知った今、改めて感じる彼の魅力とは?

監督「世界中の人が知っている、名高いスーパースターであるにも関わらず、地に足のついた本当に普通の人であること。とても寛容な性格で、本作でも僕たちクルー全員に、常に敬意を持って接してくれた。そういう彼の心の在り方に対して頭が下がる思いだよ」

タロン「僕も同じ意見だね」

――本編に出てくるエルトン・ジョンの楽曲の中で、今の自分に一番響く曲は?

監督「映画のエンドソングであり、エルトン・ジョンとタロンがデュエットをする新曲『(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン』と『過ぎし日のアモリーナ』。それも、タロンが歌っている今回のサントラバージョンがもの凄く気に入っているんだ。(いきなり監督とタロンが2人で一緒に歌いだす)……え?歌うのやめろって?(笑)

タロン「僕が一番好きな曲は……タララララ~(ランキング発表風の効果音)」

監督「やめろって(笑)

タロン「僕のお気に入りは『パイロットにつれていって』だね」

監督「いい選択だ。“Take me to the pilot~♪”(美声で歌いだす)」

■ 「自分を愛するという選択をしたほうが生きやすい」(タロン)

――本作は、世界的アーティストでさえ、自分を愛することは難しいという普遍的な真実の一つを示しています。自分を愛するために必要なことは何だと思いますか?

タロン「自分を愛するというのは、すごく難しい問題で、僕自身にもなかなかよくわからないんだ」

監督「彼は冗談を言っているんだよ(笑)

タロン「本当だよ!(笑)。やっぱりそれは、人ぞれぞれが自分で見つけていかなくてはならないもので。人によっては、すごく簡単だったり、逆に難しかったりすると思う。その人の生きる上での信念によるというか……。僕自身は、人生は1回きりだと思っているし、持っている体もこれしかないし、今現在、自分が置かれている状況というのも一つしかないわけだから。それらがいくら苦しくても、自分を愛するという選択をしたほうが生きやすいんじゃないか、という思いがあるんだ」

監督「自分を愛せないということは『自分は愛されてもいい存在なんだ』と、自分を説得できないということ。例えば誰かに『あなたを愛している』と言われたとき、自分を愛してくれる人なんているわけがないと、まずそこで壁を1枚作ってしまうんだ。そして、人との関わりが深いレベルでは出来なくなってしまう。そこが悪循環に陥ってしまう理由で……。結局、自分を愛することができないと、誰かを愛することも、人からの愛を受け入れることもできない。それがこの映画の一番大きなメッセージになっている。僕たちみんなが向き合わなくてはいけないことだと思うよ」(Movie Walker・取材・文/石塚圭子)

『ロケットマン』のデクスター・フレッチャー監督とタロン・エガートンにインタビュー!