コーエーテクモゲームスは、2019年内に発売する初代モンスターファームの移植版の対応プラットフォームを、Nintendo SwitchAndroidiOSであると発表した。また、あわせて価格も発表され、それぞれのプラットフォームで税込1900円となることも明らかになった。

 1997年に発売された『モンスターファーム』は、プレイステーション向けに発売されたモンスター育成シミュレーション。実際のCDをプレイステーションで読み込ませることによってモンスターを誕生させるユニークシステムが話題となり、100万本近い大ヒットを記録した。

 主人公モンスターを育成するブリーダーとなり、牧場で調教助手の女の子ホリィのアドバイスを聞きつつ、二人三脚モンスターを育てていく。最終的にはモンスター同士が戦う大会を勝ち上がり、四大大会の制覇するとゲームクリアだ。牧場の予算は厳しく、さらにモンスターは疲労が蓄積したり、短い寿命があるため、予算をやりくりしつつ、しっかりとしたスケジュール管理で育成していくことが必要だ。

(画像はTwitter@MonsterFarm_KTより)

 またモンスターバトルは3D空間で再現され、相手モンスター同士の距離によって、使える必殺技が決まってくる。相手モンスターを睨みながら、距離と時間をジリジリとした緊張感のある駆け引きが表現された、この特徴的なバトルシステムの完成度も高い。

 さて、『モンスターファーム』最大の特色である「実際のCDを読み込ませて、モンスターを誕生させる」というシステムだが、今回発表されたNintendo SwitchAndroidiOSにはCDドライブは搭載されていない。移植版では、どのようにモンスターを生み出すのか気になるところだが、公式のツイートの通り、ファミ通、電撃Nintendoニンテンドードリームの最新号で何らかの発表があるそうだ。

 当時はJ-POP全盛期なだけあって、「あのアーティストのCDからは、こんなレアモンスターが生まれた」などといった話題がプレイヤーの間で口コミ的に盛り上がった本作。今回は、公式サイト、ならびにTwitterでは「このCDから生まれてほしいモンスター大募集!」というキャンペーンが実施。

 公式サイトの該当ページから、作品名(CDタイトルまたは曲名)、アーティスト名、モンスター種族、個別のモンスターを選択、任意で理由を書き、登録ボタンを押したら、「#このCDから生まれてほしいモンスター」というハッシュタグつきでツイートするページが表示される。

(画像はTwitter@MonsterFarm_KTより)

 ツイートとすると、自分がリクエストした曲名やアーティストモンスターの画像とハッシュタグつきで、Twitterに反映される仕組みだ。ツイート画像にはモンスターのちょっとしたトリビアも書かれているので、自分が愛着あるモンスターツイートしてみよう。もしかしたらホリィがゲームの内容に反映してくれるかもしれない。

 22年の時を経て復活する『モンスターファーム』だが、今回のキャンペーン1997年以降に発売した曲からレアモンスターが出現したり、現代の音楽事情に沿った形でモンスターを生み出すことができて、新鮮な気持ちで遊べそうだ。

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman