スポーツを「する」「ささえる」「みる・表現する」ための環境づくりを行うJSPO(正式名称:公益財団法人日本スポーツ協会 東京都新宿区/会長 伊藤雅俊)は、原則35歳以上のマスターズ世代を対象とした国内唯一の総合スポーツ大会「日本スポーツマスター2019ぎふ清流大会」を、9月20日(一部競技を除く)から岐阜県内11市2町30会場にて開催します。
つきましては、本大会の概要を下記および別添資料のとおりお知らせします。
■大会概要
○大会日程
<会期前開催>
水泳:8月31日(土)~9月1日(日)
ゴルフ9月11日(水)~13日(金)
空手道9月14日(土)~16日(月・祝)
<主会期>
9月20日(金)~9月24日(火)

○大会参加者数
8,603名(2017兵庫大会の8,957名に次ぐ過去2番目に多いエントリー数)

○大会に参加する話題の選手
<元オリンピック出場選手>
北川 麻美 氏 埼玉県/水泳(2008年 北京オリンピック出場)
下村 英士 氏 広島県バレーボール・男子(1984年 ロサンゼルスオリンピック出場)
櫻井 由香 氏 東京都バレーボール・女子(2008年 北京オリンピック出場)
※日本スポーツマスター2019ぎふ清流大会 大会アンバサダー
藤田 晃三 氏 岩手県自転車競技(1992年バルセロナオリンピック出場)

<今大会参加選手最高齢者>
男性:槇 英哉 氏(84歳)北海道空手道
女性:板垣 愛子 氏(81歳)静岡県ボウリング

○補助団体・協賛企業等
補助団体:公益財団法人JKA
大会オフィシャルスポンサーアシックスジャパン株式会社、東武トップツアー株式会社、ミズノ株式会社 ※五十音
大会サプライヤー:株式会社セレスポ
大会サポーター株式会社ミカサ
助成団体:公益財団法人ミズノスポーツ振興財団

○開会式(前夜祭
日時:9月20日(金)17:00開会
会場:岐阜グランドホテル

○添付資料
大会日程表

JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)について
JSPOは、1911年7月に「国民スポーツの振興」と「国際競技力の向上」を目的に、大日本体育協会として創立。日本体育協会を経て、2018年4月1日、現在の名称となりました。
JSPOでは、国民体育大会や日本スポーツマスターズなど各世代を網羅したスポーツ大会の開催、スポーツ少年団や総合型地域スポーツクラブなどスポーツをする場の創出、スポーツの楽しみをサポートするスポーツ指導者の育成、最新の医・科学に根差したスポーツの推進など、誰もが自発的にスポーツを「する」「ささえる」「みる・表現する」ための幅広い事業を展開しています。また、わが国スポーツの統一組織として、国や60を超える競技団体、47都道府県スポーツ・体育協会など、様々なスポーツ関連団体・組織や個人と連携しています。
2019年大河ドラマいだてん」で、主人公を導く重要な役回りとして登場する嘉納治五郎JSPOの初代会長であり、JSPOは「いだてん」の舞台でもあります。

配信元企業:公益財団法人日本スポーツ協会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ