アークシステムワークスは、『MISTOVERミストオーバー)』のプレイステーション4版を2019年10月10日に配信することを決定した。また、人類の生存をかけた冒険に挑む登場キャラクターたちを公開した。



【画像13点】「『MISTOVER(ミストオーバー)』PS4版も10月10日に配信決定! 冒険に挑む登場キャラクターたちも紹介」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)




以下、リリースを引用


絶望と解放のローグライクRPGMISTOVERミストオーバー)」PlayStation4版配信決定!登場キャラクター紹介!




 アークシステムワークス株式会社(代表取締役 木戸岡稔)は、絶望と解放のローグライク RPGMISTOVERミストオーバー)」(2019年10月10日(木)配信開始)のNintendo Switch版に加え、PlayStation4版も同日に配信することを決定しました。

 また、人類の生存をかけた冒険に挑む登場キャラクターたちを紹介します。

絶望と解放のローグライク RPGMISTOVERミストオーバー)」は、Nintendo Switch版、PlayStation4版とも10月10日配信開始!


人類の存続をかけた冒険に挑む8人のキャラクターたち

パラディン



<敵の攻撃をひきつけ、味方を守りながら戦う前衛職>

 十字修道会に所属する、誇り高き聖騎士。 悪魔の呪いで幼い姿になってしまった。現在の小さい体を嫌悪し、呪いを解いて本来の姿に戻りたがっている。

ウィッチ



<強力な範囲スキル により相手を制圧するのに特化した後衛職業>

 思春期に発病する「魔女病」を患う少女。強大な魔力を操るが、思春期の終わりと共に魔女病は消えてしまう。永遠の魔女になりたい彼女は、その力を失わない方法を探している。

「ロウニン」


<妖刀による近接攻撃や妖力による弱化が可能な万能職>

 遥かな東の国のサムライ大将。偶然呪われた剣を手に入れ、狂気に駆られ主君を殺してしまう。主君殺しのサムライ大将という汚名を返上するため、放浪の旅に出た。

シャドブレード



<敵の目を欺き一撃を狙うトリックスター>

 暗殺教団によって改造された殺人兵器。殺人のためだけの道具として生きていたある日、いきなり教団が崩壊して思いがけない自由を手に入れた。服従と規律に縛られていたため、自由に生きる生活にはまだ馴染んでいない。

ウェアウルフ



<野生の力で敵に大打撃を与える近接特化のファイター>

 狼フェンリルが戦いの為に生み出した戦士。狼の強靭さを受け継いでいる。楽園をその手に入れようと戦うが、フェンリルは神の呪いにより氷のなかで眠らされてしまう。再び目覚める日を待ちながら、腕を磨き続けている。

「クリムリーパー」


<浮遊霊を操り、呪いをかける死神。敵を弱化し、力化する後衛職>

 善良だが運のない新米死神。すごいドジっ子で、魂を回収する任務の最中「死者の名簿」を失くしてしまう。名簿がないと冥界に戻れないので、現世を彷徨い探し回っている。

「オンミョウジ」



<陰陽道を扱い、式神を召喚したり、味方を支援したりする後衛職>

 妖魔と人間の王女の間に生まれた半人半妖。天機を読み、陰陽を操る「陰陽道」の使い手。占いで故国の滅亡を予見し、未来を変えようと努力したが失敗した

シスター




<神の力を借りてパーティーを治療できる支援職>

 ミステリアスな力を駆使するシスター魔女狩りで死にかけていた所、救いの声を聴いて生き返る。彼女はそれを神の声だと信じて従っている。果たして、その声は神か?悪魔か?





(C) KRAFTON, Inc. All rights reserved.

Published by ARC SYSTEM WORKS.