ローソン8月22日、人手不足対策の一環で、深夜(午前0~5時)に店員をほぼ配置しない実証実験を「ローソン氷取沢町店」(横浜市)で行うと発表した。顧客はQRコードなどを活用して入店し、セルフレジで決済する。期間は23日から約半年間。

【その他の画像】

 利用を希望する顧客には、「ローソンアプリ」上で入店用のQRコードを発行する。近隣の顧客には、QRコードを印刷したカードを手渡す場合もある。アプリカードを持たない顧客は、入り口付近のブースで顔写真を撮影した場合のみ入店できる。

 防犯対策として店内に防犯カメラを多数設け、外部の警備会社にモニタリングを依頼。万引きなどが起きた際は警備員が駆け付けるという。入店用のQRコードが顧客情報にひも付いているため、盗難があった場合は犯人の早期特定につなげられるとしている。顔写真をAIによって分析し、万引き犯を割り出す場合もあるという。

 商品を選んだ顧客は、自動釣銭機付きのセルフレジで決済し、そのまま退店できる。利用できる決済方法は通常の店舗と同じで、現金やクレジットカードの他、「Suica」「PASMO」「PayPay」「LINE Pay」などに対応する。退店する際はQRコードなどをかざす必要はない。

 店員がおらず、顧客の年齢を確認したり、食品を調理したりといった業務ができないため、酒・たばこと「からあげクン」などのファストフードは購入できない。

 当初はバックヤードに店員を1人配置するが、ゆくゆくは無人にする方針。実験期間中に取り扱う商品を増やしたり、システムの運用方法を見直したりする予定もある。

 ローソンは一連の実験を通して、オペレーション面や防犯面の実用性、売上の推移、顧客からの感想などを検証する。結果を踏まえて、他店舗への拡大を検討する。

実証実験を行う際の店内の模様