siri1

image credit:Pixabay

 「オッケー、Google(グーグル)!」とか「ヘイ、Siri(シリ)!」とか、人前で使うにはちょっと気恥ずかしさもあるが、手を動かさずに検索したりアプリを起動できたりと結構便利なAIアシスタント

 ユーザーを巧みにサポートし、ときにユーモアやウィットにすら富んでいる彼らを、頼れる知的な相棒としてもはや手放せないという人もいるだろう。

 だが、ここでひとつ疑問だ。一番賢いのはどれなのだろうか?

 ループ・ベンチャーズ社によるスマホに搭載されたデジタルアシスタントに関する最新の調査によれば、今のところ一番頭がいいのはダントツGoogleアシスタントなのだそうだ。

 どうやらAIの研究において、GoogleAmazon(アマゾン)やApple(アップル)よりも先行しているようだ。

―あわせて読みたい―

「部屋の電気をつけて!」と、スマートスピーカーに指示するヨウム
身に覚えのない注文履歴?Amazonのアレクサで勝手にネット注文した犯人は大型インコのヨウムだった!(イギリス)
アマゾン・アレクサが闇落ち!?「育ての親を殺せ!」と暗殺指令を出していたことが判明
マイ・ファースト・グーグル。赤ちゃんのはじめての言葉が「Google」だった件(カナダ)
「おいアレクサ!その曲はやめろ!」フランクシナトラの曲を流すと停止命令をするヨウム(アメリカ)

800問のIQテストで一番賢いAIアシスタントが判明!

 調査では、GoogleアシスタントSiriAlexa(アレクサ)を対象に、5カテゴリー計800問で構成されたIQテストが実施された。

 その結果、Googleアシスタントは全質問を理解し、その92.9%に正解。一方、Siriの理解率は99.8%で、正答率は83.1%、Alexaはそれぞれ99.9%と79.8%だった。

 つまりAlexaが162問を間違ったのに対して、Googleアシスタントの誤答は57問だったということで、その性能にはかなりの差があるようだ。

siri2


Google社のAI開発にかける膨大な投資の賜物か


 この結果はAIアシスタントの現状をうかがえるあくまで参考であって、その全体像を完全に反映したものではない。

 それぞれには固有の機能が実装されているし、その性能は搭載されているスマートフォンの種類によっても大きく影響を受けるだろう。

 それでも、GoogleのAI開発への膨大な投資は実を結んでいるようだ。ひとつの例外を除けば、Googleアシスタントはどのカテゴリーでもライバルを凌駕している。

siri3

image credit:Pixabay

電話をかけたりメールを送ったりが得意なSiriと苦手なAlexa


 その例外とは「命令(command)」カテゴリーで、電話をかけたり、メールを送ったりといった機能においてはSiriに一日の長があるようだ。このカテゴリーAlexaが一番苦手とするものでもある。

 意外なことに、Alexaは「商業(commerce)」も苦手としている。おそらくAmazonにとって一番関心があるであろうカテゴリーであるにもかかわらずだ。

 Alexaはこのカテゴリーの質問に71%しか正解できていない。一方、Googleアシスタントは92%の正答率だ。

 Siriも68%なので、Alexaが特に劣っているというよりも、Googleアシスタントがきわめて優れているといったほうがいいのかもしれない。

 これについてループベンチャーズ社は、

ユーザーは商品やサービスを調べたり、地元の商業施設を探すのが主で、AIアシスタントで実際に品物を購入する人はほとんどいない。商業カテゴリーの質問はその点も考慮して考案した

コメントしている。

siri4

image credit:Pixabay

大幅に性能が向上し急速に進化するAIアシスタント


 また今回の調査は、AIアシスタントの進化の速さも浮き彫りにしている。いずれのアシスタントも昨年よりもスコアを伸ばしていたのだ。

 特にAlexaは大幅に性能を向上させており、過去13ヶ月間で18ポイントもIQテストの成績を伸ばした。

 現時点では賢さナンバーワンGoogleアシスタントもうかうかしてはいられないというわけだ。

References:Mashable / Loupventuresなど / written by hiroching / edited by usagi

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278418.html
 

こちらもオススメ!

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

母性本能の手がかりが発見され、産後うつなどの精神疾患が緩和できるかもしれない(米研究)
火船戦術の極み。史上最大の大量破壊兵器と称される浮遊爆弾「ヘルバーナー」の歴史(ヨーロッパ)
おすわりも伏せもできる!人命救助用犬型ロボット「アストロ(Astro)」の犬化がすごい!(アメリカ)
脳にマイクロチップを埋め電気ショックで過食を制御。革新的な肥満予防デバイスが開発される(米研究)
世界最強の磁石の記録が更新される。しかも驚くほど小型軽量!(米研究)

―知るの紹介記事―

最初に目に飛び込んだものが、真の自分を明らかにするカギとなる潜在意識テスト(占い)
負傷者はいないのになぜ血しぶきのようなものが飛び散っているのか?トラックと車両運搬車の衝突事故現場の謎
たくさんの犬たちが劇場の座席にきちんと座ってミュージカル鑑賞!お行儀の良いその姿に世界が感動(カナダ)
母性本能の手がかりが発見され、産後うつなどの精神疾患が緩和できるかもしれない(米研究)
そういうオチだったんかい!背中で恐怖を感じたり、口元でニヤリと笑える、2文仕立てのショートホラーストーリー
AI音声アシスタントで一番賢いのはどれ?GoogleとSiri、Alexaを比較してみた結果、一番賢いのはダントツで...