22日に現地入りしてメディカルチェックをパス レアルから1年間のレンタルが合意に

 日本代表MF久保建英は現地時間22日、スペイン1部マジョルカへの期限付き移籍が合意に達したと公式サイトで発表された。レアル・マドリードからは2019-20シーズンの1年間のレンタルになるという。

 久保はトップチームに帯同してプレシーズンマッチ計4試合に途中出場。その後はトップチームの練習とカスティージャ(レアルB)の試合を兼任してきた。

 ベルギー代表MFエデン・アザールトップチームに怪我人が続出しているため、20日、21日と練習に参加したなか、スペインテレビ局「La Sexta」の番組「Jugones」が「久保はマジョルカに行く」とマジョルカへの期限付き移籍の可能性を指摘した。

 そして、翌22日に事態は一気に進展した。久保がマジョルカの空港に降り立った画像を複数のスペインメディアが公開。「AS」紙が「久保建英ローンでマジョルカでプレーする。木曜日メディカルチェックをパスし、シーズンに向けてコミットする」、「マルカ」紙も「数時間後に移籍が正式発表へ」と報じ、クラブの発表待ちとなっていた。

 マジョルカは22日、公式サイトレアルから久保を1年間のレンタルで獲得したことを発表。記事では、「スペインではまだトップデビューを果たしていないが、世界で最も輝かしいタレントの1人としての名声をすでに手に入れている」と紹介している。(Football ZONE web編集部)

マジョルカに期限付き移籍した日本代表MF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】