coach1

image credit:Pixabay

 チームは劣勢なまま試合前半を終了し、ハーフタイムへ。ロッカールームに戻った選手たちに監督が何かを語りかけた。

 すると選手たちはみるみるうちに士気を取り戻し、後半戦で見事に逆転。栄光の勝利を手にする・・・そういったシーンは青春ものの映画やドラマではおなじみである。

 しかし実際のところ、ロッカールームのやり取りはそこまでチームの勝敗に影響するものなのだろうか?

―あわせて読みたい―

「俺をモフるのは女子だけでいい」女子サッカーの試合中に乱入した犬、選手にモフられた後ご満悦で退場(トルコ)
デンマークのアマチュア少年ボクサーたち、初めての試合前と後を撮影したポートレート、ビフォア・アフター。
猫がダメ出し?スペインのプロサッカーリーグに黒猫が乱入。颯爽とピッチを走り抜け、本拠地のチームに勝利をもたらす。
スポーツ選手の願掛けってやつ7パターン
約3万5000個のぬいぐるみがリンクを舞う!アメリカのアイスホッケーチームが「テディベア・トス」で新記録達成

監督のネガティブな発言が選手のパフォーマンスに影響

 『Journal of Applied Psychology』(6月13日付)に掲載された研究では、バスケットボールの試合でそんな名場面を実際に再現できるものかどうか確認している。

 その結果、監督のネガティブな発言が後半のチームパフォーマンスに影響していることが判明した。

 だが、それは優しく励ますといい結果が出るという甘いものではなかった。むしろ、監督が怒っているほどに、チームは多く得点していたのだ。

 これは試合をリードしたままハーフタイムに入ったときにも当てはまる。

 だから、監督は「いいぞ、その調子だ!」というよりも、「たかが10点のリードがどうした? もっとしっかりやれるだろ!」と発破をかけたほうがいいようなのだ。

coach2

image credit:Pixabay

録音記録を集めてロッカールームでの監督の感情表現を分析


 この研究では、北カルフォルニアで活動する50以上の高校・大学のバスケチームに、ロッカールームのやり取りを録音させてもらえないか協力を依頼。

 最終的に、23チームによる304試合の録音記録を集めることができた。

 こうして集められた録音データを元に、ハーフタイムロッカールーム内で監督が示した感情をポジティブ(喜び、興奮、リラックス、インスパイア)からネガティブ(不快、怒り、不満、恐れ)の範囲で評価した。

 ちなみに研究を行なったカリフォルニア大学バークレー校のバリー・スタウ名誉教授によると、ロッカールームを一種の聖域と考えている監督が多いらしく、交渉は結構大変だったそうだ。

 また研究中、監督の1人は録音されると負けがこむジンクスがあるという理由から途中で研究から離脱している。

coach3

image credit:Pixabay

監督のネガティブな感情と後半戦の得点増加に明確な関係性


 分析の結果、監督の感情表現にはふたつの基本的効果があることが明らかになった。

 ひとつはネガティブな感情と後半戦の得点増加には強く明確な関係があるということだ。つまり監督が怒ったり、不満をぶちまけたりすると、チームの後半でのパフォーマンスが上がるのだ。

 しかし、それにも限度があり、あまりにもネガティブすぎると逆効果になることもわかった。

coach4

image credit:Pixabay

怒りすぎたり辛辣すぎたりすると選手のやる気は低下する結果に


 研究では、監督にあらかじめ用意された内容を発言してもらい、それを聞いて選手がどう思ったのか質問するという実験も行っている。

 こちらでも、確かにネガティブな発言には、士気を鼓舞する効果があることが確認された。

 ただし、それはかなり早く衰えることもわかった。やはり怒りすぎたり、辛辣すぎたりすると、逆に選手のやる気は失くなってしまうようだ。

coach10

image credit:Pixabay

ネガティブな感情表現は士気を鼓舞するツールとして評価すべき


 心理学におけるリーダーシップに関する最近の研究では、ポジティブな話をした方が部下のパフォーマンスを引き出せるという主張が目立つ。

 しかし、少なくとも短期的にはネガティブな物言いも効果があると述べた研究も少ないながら存在するのだ。

 今回、スタウ名誉教授らは、ネガティブな感情表現は士気を鼓舞するツールとして過小評価されていると結論づけている。

 怒りや不満によって、部下が本来あるべきパフォーマンスを発揮していないことを示せば、それを向上させられる可能性があるということだ。ただし、それもやり過ぎれば逆効果となる。

coach5

image credit:Pixabay

求められているのはやる気を出させるための厳しい”愛のムチ”


 つまり、求められているのは”愛のムチ”ということなのではないだろうか?

 心を鬼にして選手にキツい言葉をぶつけていいときもある。だが、それは感情に任せた単なるうっぷんばらしではなく、やる気を出させることを念頭に置いた上での、冷静かつ節度あるものでなければならない。

 なお、スタウ名誉教授によれば、これをビジネスに応用するには注意が必要だとのことだ。

 あまりにも長く悪い評価ばかりしていると、部下がやる気を失くなってしまう。キツい言葉でやる気を出させるのは、あくまで伸るか反るかという重要な場面のみにとどめておいた方が良さそうだ。

References:Berkeley haas / written by hiroching / edited by usagi

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278420.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

脳は悪い情報に敏感。知らず知らずのうちに誰もが影響を受けている認知の罠「ネガティビティ・バイアス」とは?
レストラン経営者が苦情を訴えた観光客に激怒。車に飛び乗りフロントガラスをたたき割る(アルバニア共和国)
求められていないのに自分のキノコ写真を送りつける男性はナルシストで性差別的であるという調査結果(カナダ研究)
頭にブラウン管テレビを被った男が、民家の軒先に旧型テレビを次々と置いていく不可解な事案が発生(アメリカ)
母親にスマホを没収された少女、ゲーム機を経てついにはスマート冷蔵庫からツイート!?(アメリカ)

―知るの紹介記事―

全ては日光浴の為。19世紀後半のフランスで日光療法の為に設置された大がかりな回転式サンルーム
超深部起源ダイヤモンドが明かす月の年齢に匹敵する本源マグマの存在(オーストラリア研究)
AI音声アシスタントで一番賢いのはどれ?GoogleとSiri、Alexaを比較してみた結果、一番賢いのはダントツで...
最初に目に飛び込んだものが、真の自分を明らかにするカギとなる潜在意識テスト(占い)
負傷者はいないのになぜ血しぶきのようなものが飛び散っているのか?トラックと車両運搬車の衝突事故現場の謎
ネガティブ発言も時には有効。チームを勝利に導く監督がロッカールームでやっていることは?(米研究)