男子複は園田、嘉村が保木、小林の挑戦受ける

 バドミントン世界選手権(スイス、バーゼル)は、現地時間22日に各種目の3回戦を行い、男子ダブルスと女子ダブルスで準々決勝(23日)の日本勢対決が実現することになり、両種目でのメダル獲得が確実になった。男子ダブルスは、世界ランク4位で前回銀メダルの園田啓悟、嘉村健士(トナミ運輸)と、同13位の保木卓朗、小林優吾(トナミ運輸)が対戦。女子ダブルスは、世界ランク1位で連覇を目指す松本麻佑、永原和可那(北都銀行)と、同8位で前回銅メダルの米元小春、田中志穂(北都銀行)が対戦する。どちらも、同門対決となる。

 男子ダブルスは、日本の1番手に3番手が臨む形になる。先輩の園田、嘉村は、2020年東京五輪出場に向けて世界ランク上位をキープしている。一昨年は銅メダル、昨年は銀メダルで、3大会連続のメダル獲得にあと一歩と迫った。本来、は、2人でぐいぐいとネット前に出ていき、素早く相手コートに打ち返すスタイルが得意。今夏は、不調を訴えていたが、嘉村は「復調の兆しが見えてきた」と話した。ともに29歳でベテランの域に入っており、戦い方には幅がある。得意技が使えなくても、別の方法があれば良い。嘉村は「無理に攻めて失点するより、相手の嫌がるところに球を打って(下から拾わせて)園田に打たせる形を多く使えれば良い」と代替策に手応えを示した。

 園田、嘉村に挑むのは、トナミ運輸の後輩である保木、小林。左利きの小林が強打を放ち、機動力のある保木が前衛を務める。3回戦では、格上で世界6位の中国ペアを撃破した。4月に就任したタン・キムハーコーチの指導により、サービスから続くプレーを強化。7月のインドネシアオープンでは、園田、嘉村を破ってベスト4と躍進。小林は「勝ったけど、何回も負けた後での勝利。2回連続で勝てば、実力がついたという証明になる」と意気込みを語った。勝てば、日本の上位2ペアを追う東京五輪の出場権獲得レースでも大きく前進する。先輩の意地か、後輩の勢いか、注目の対決となる。

女子ダブルス・松本「先輩たちに勝てるように強気で向かっていく」

 女子ダブルスは、後輩の方が格上に位置している。松本、永原は前回大会で日本の4番手としての繰り上げ出場から初優勝まで駆け上がり、そのまま東京五輪メダル候補として力をつけてきた。ともに170センチを超える長身で高い打点から打ち下ろす強打が武器。松本は「ここまで来たら、全力でぶつかるだけ。日本人対決になるけど、先輩たちに勝てるように強気で向かっていく」と抱負を語った。

 対する先輩の米元、田中は、レシーブから相手のいないスペースへ球を運んで攻守交代を呼び込み、連続攻撃で仕留めるのが得意パターン。田中は「どれだけ落ち着いて配球できるかが勝負になる」と強打に怯まず、打開のレシーブを狙っていく姿勢を示した。女子ダブルスは、東京五輪の出場権争いが激しい。

 最大で2組が出場できるが、1~3位に3組がおり、日本勢同士の順位争いにも勝たなければならない。五輪レースで最大のランキングポイントが設定されている世界選手権でのベスト8とベスト4は、大きな差になる。長身の若手ペアが連覇へ突き進むか、先輩が後輩を破り、五輪レースの3強体制に待ったをかけるのか。こちらも目が離せない。(平野 貴也 / Takaya Hirano)

3回戦を行った園田啓悟、嘉村健士【写真:平野貴也】