30店舗が参加する、静岡茶を使ったかき氷「茶氷」プロジェクト。vol.29は、川根本町の茶農家「かねかのううえまる」直営のカフェ、「CAFE(カフェうえまる」の茶氷をご紹介します。「茶氷しかまる」は、 自家農園で育てた無農薬の川根ほうじ茶と練乳のシロップがたっぷりかかった、鹿モチーフの茶氷です。


川根本町の茶農家「かねかのううえまる」が営む、「CAFE(カフェうえまる」は、茶氷プロジェクトで「茶氷しかまる」を提供しています。茶氷とアイスクリームは一番茶の川根ほうじ茶味、角・目・鼻はビターチョコレートでできた、キュートな茶氷です。

お茶の生産量が国内で4割を占め、日本一のお茶処である静岡。そんな静岡茶の美味しさをかき氷を通して伝えていく「茶氷プロジェクト」が昨年始動し、12店舗で3か月の間に30,000杯以上が販売される盛況ぶりでした。2年目の今年は、静岡県下の5市2町+東京都内の30店舗がオリジナルの茶氷メニューを提供します。2019年9月30日まで実施中。

CAFE(カフェうえまるの「茶氷しかまる」



今回ご紹介する「CAFE(カフェうえまる」は、お茶処である川根本町の茶農家「かねかのううえまる」が営むカフェです。そのため、川根の緑茶、紅茶、ほうじ茶(各400円・税込)と、これらをラテにした「お茶ラテ」(各500円・税込)など、お茶メニューが豊富です。



ジェラートは、自家農園で育てた「ぶるーべりー」と「川根緑茶」、そして「自家製みそ」(450円・税込)など、気になるフレーバーがずらり。



スムージーも、「川根緑茶」「ぶるーべりー」「もも」「川根ゆず」(各600円・税込)など、魅力的なラインナップです。



茶氷プロジェクトのためにCAFE(カフェうえまるが用意したのは、「茶氷しかまる」。自家農園で無農薬栽培した川根ほうじ茶の濃厚なシロップと練乳がかかった茶氷に、ほうじ茶アイスとビターチョコレートをトッピングした、甘くほろ苦い茶氷です。

茶氷しかまるは、1日限定10食です。お店でオーダーし、「#茶氷しかまる」のハッシュタグを付けてSNS投稿をし、帰りがけにその投稿画面をスタッフに提示すると、緑茶のティーバッグのプレゼントがあるそうです。

美味しさの秘密をお店にインタビュー



Q. 「茶氷」に参加した理由はなんですか?
A. わたし達は川根茶農家でして、農薬を使用せずに丹精込めてお茶を栽培しております。そのお茶を茶氷としてお客様に召し上がっていただきたいと思い、プロジェクトに参加させていただきました。

Q. コラボしたお茶の銘柄と、選んだ理由を教えてください。
A. 川根茶 ほうじ茶 (自家農園、かねかのううえまる)。自分たちが栽培している一番茶を使用した、風味豊かな川根茶ほうじ茶をスイーツとして、味わって頂きたいという思いから。

Q. 他と違うと自負するこだわりなど、商品の特徴を教えてください。
A. 南アルプスの麓である川根に生息する「しか」をモチーフにし、美味しくてかわいいのが特徴です。また、フワフワのかき氷に仕上げているのもおすすめポイントです。

Q. 出来上がるまでのエピソードを教えてください。
A. 川根ほうじ茶だけでなく、川根緑茶で試してみたり、どんな形がお客様に喜んでいただけるかと、様々な盛り付けをしてみました。ここでしか食べられないオリジナルといったら。。。と考えていたところ、よく通勤中に遭遇する「しか」を茶氷で表現してみようと思いつき、商品化しました。

Q. どんな人に食べて欲しいですか?
A. 様々な方々にお召し上がり頂きたいです。

Q. 実際の客層を教えてください。
A. 老若男女、様々な方がご注文くださいます。

Q. 並ばずに入れますか?
A. (7月時点)今のところ、スムースに提供できております。

Q. 来年も参加しますか?
A. 参加させていただきたいと考えています。

茶氷しかまるを食べにいくドライブで、鹿にも遭遇できたらいいですね!


■商品詳細
メニューの正式名称:茶氷しかまる
税抜価格:835円(900円・税込)
展開時期:秋頃(9月30日くらい)まで

■展開するお店の詳細
店舗名:cafe(カフェうえまる千頭駅前店
住所:静岡県榛原郡川根本町千頭1216-20
TEL:080-1620-0358
営業時間:10:30-16:30(ラストオーダー16:00)水曜定休
HPhttp://www.uemaru.com/
アクセス大井川鉄道 千頭駅 出てすぐ左ななめ前


[All photos by Cafe-uemaru ]

CAFE(カフェ)うえまる 茶氷