Photo: Andrew Couts(Gizmodo US)

ペットの写真をアップしただけなのに...とならないように。

最近、自分の個人情報をいかに守るかと考えさせられるネット社会になりましたが、本当に小さな情報でも、そこから個人情報が把握されストーキングネットハラスメントに繋がることがあります。ここで忘れられがちな個人情報の漏洩についてひとつ、お話しておきたいと思います。

ペットの首輪のタグです。住所や電話番号が書いてあるタグをつけているペットSNSに載せることで個人情報が漏洩してしまう可能性があるのです。

SNSに自分のかわいいペットの写真をアップしたいのは当然理解できることですが、それと同時にタグに記載された電話番号が映り込むことに気づいていない人も多いはず。SNSペットの写真をスクロールして見ているとチラリとタグが写り込んでいるのを見つけるのはそんなにレアなことではないのです。

電話番号くらい、と思うかもしれませんが、嫌がらせのメッセージを送られたり、勧誘商売などに番号が売られたりするとひっきりなしに電話がかかってきたりということもあります。電話番号から個人情報を引き出すことだってできたりもします。

またパスワードの再設定に電話番号を要求されるサービスなどでは、電話番号を知られているとパスワードを変えられてしまうということもありますし。ペットの写真をアップしただけなのに、個人情報を盗まれておおごとに発展するという恐れもありますので、みなさん是非ペットの写真をあげるときは気をつけてくださいね過去の写真も写っていないかチェックしてみるのもいいかもしれません。