韓国政府が日本と韓国のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄することを決めたことについて、岩屋毅防衛大臣は23日午前、「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応で失望を禁じ得ず、極めて遺憾に思っている。政府としては昨晩のうちに韓国側には強く抗議を行っているところだ。防衛省としては、北朝鮮問題等の連携すべき課題については今回の決定後においても、日韓、日米韓の間で適切な連携が行われるように、韓国側の賢明な対応を強く求めてまいりたい」と述べた。(AbemaTV/『AbemaNews』より)
​​​​​​

▶最新の国際ニュース【随時更新】

「失望を禁じ得ず、極めて遺憾」韓国のGSOMIA破棄に岩屋防衛相