お笑いタレントの千原ジュニアさんが2019年8月20日に放送されたバラエティ番組『にけつッ!!』(読売テレビ)に出演。

タクシー運転手の悪質マナーに対して、怒りを覚えたエピソードを明かしました。

千原ジュニア 苛立って仕方がなかったが何もできなかった理由とは

ジュニアさんが語ったのは、自宅から仕事現場へ向かう送迎タクシーを利用した時のエピソード

ジュニアさんによると、自宅前で待機していた運転手が車外でタバコを吸っていたそう。そして、ジュニアさんが玄関から出てくると、そのままタバコポイ捨てしたというのです。

ジュニアさんは当時の状況に「客の家の前やで!(火を)消してもなかったもん」と説明。その時ジュニアさんは思わず「えっ? ポイ捨て?」と口にしてしまったそうです。

それに対して、運転手は「あっ、すみません」と謝罪こそしたものの、明らかに不満そうだったといい、なんとドアを閉める際には思い切り舌打ちをしてきたというのです。

ジュニアさんは腹が立ち、移動時間も仕事のことは考えられず、この運転手をどうするべきかばかりが頭に浮かんでいたとか。

まずジュニアさんは、タクシー会社に電話してクレームを入れるという案を思い浮かべたそうです。

しかし、よくよく考えた結果、クレームを入れることはしなかったといいます。

家は分かられてる。何されるか分からん。

嫁と子どもいて、生放送(の時には自身が)家にいいひんことも分かるとかっていうのを考えたら何もしようがないやん。

にけつッ!! ーより引用

家が運転手に知られている以上、家族の安全も考えると何もしようがなかったそうです。

共演者のケンドーコバヤシさんも「もし(運転手が)クビってなったらね」と納得していましたが、もしジュニアさんがクレームを入れたことで運転手が会社をクビにでもなれば、それだけマナーが悪い人であれば何をしてくるかは見当もつきません。

結果、タクシーの運転手にも何をいうことができないまま、現場に到着。モヤモヤした気持ちを抱えたまま、番組収録に臨んだそうです。

現状、タバコポイ捨ては徐々に減ってきています。そういった背景も踏まえて、ジュニアさんは「この2019(年)夏、ポイ捨てできる?結果『何も言えなくて…夏』やったもん」と、20年以上前にリリースされたJAYWALKの代表曲を出して、芸人らしく笑いを取って、エピソードトークを終えていました。

芸能人は大変だよな 視聴者からも同情の声が多数

・やっぱり家がバレてたら、嫌がらせが怖いよな

明らかマナーがなってないのに、客に対して舌打ちしてくるぐらいの運転手だから確かに何してくるか分からないよね。

・芸能人は大変だな…。

・最近、物騒な事件が多いからね。心配だよね。

・利用会社を変えるなりして対応するしかないのかな。

ジュニアさんと同じように注意したくても、芸能人という立場もあって、注意することを我慢している人も少なくないでしょう。

どうか、世の中に良識がある人が増えてほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
にけつッ!!