分析機器、ライフサイエンス関連機器および試薬輸入販売の株式会社パーキンエルマジャパン(本社:横浜市保土ケ谷区、代表取締役社長 河邨 浩)は、2019年9月11日(水)から9月13日(金)に千葉大学 西千葉キャンパスにて開催される「日本分析化学会 第68年会」の付設展示会および種々の講演に参加します。


【日時】
9月11日(水)~9月13日(金)

【会場】
千葉大学 西千葉キャンパス

【講演情報】
9月11日(水)
◆口頭発表
 10:30~10:45
   「オンライン固相抽出ICP-MSを用いた生鮮食品中の放射性ストロンチウム90分析法の開発」
 10:45~11:00
   「複数分析機器データ群からの「おいしさ」可視化解析法の検討」
 13:45~14:15
   「放射性ストロンチウムの迅速分析装置の開発」 【JAIMA賞講演】

9月12日(木)
◆口頭発表
 9:45~10:00
   「土壌に吸着固定されたセシウムに対する作物吸収能力判別指標の確立」
 10:45~11:15
   「熱分析におけるベースライン判断の困難さの考察」  【熱分析研究懇談会】

9月13日(金)
◆ポスター発表
 10:00~11:30
   「ICP-MS NexIONシリーズにおけるコリジョンガスとしてのネオンの効果」

◆特別シンポジウム講演
 14:35~15:15
   「Monitoring the Behavior, Fate, and Ecological Effects of Nanomaterials using Single Particle and Single Cell ICP-MS」



※学会ホームページはこちら
http://conference.wdc-jp.com/jsac/nenkai/68/index.html




---------------------------------------------------------
本件に関するお問合せ先:
株式会社パーキンエルマジャパン
ディスカバリー・アナリティカル・ソリューションズ事業部
TEL:045-339-5861(分析機器営業本部)

配信元企業:株式会社パーキンエルマジャパン

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ