ワールドカップ(W杯)」と言うと、「サッカーW杯」を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、世界には「もう1つの大人気のW杯」があります。それは、9月20日から日本で開かれる「ラグビーW杯」のこと。世界のトップ20チームが参加し、楕円の覇権をかけて戦うこの大会は、よく「世界で第三のスポーツ大会」と呼ばれます。前回2015年イングランド大会の観客数は248万人で、テレビ視聴者数は40億人超。今大会は、海外から40万人を超えるラグビーファンが訪れる見込みで、「祭典」の盛り上がりが期待されます。

一番の見どころ 8強入りを目指す日本代表!

大会の見どころとしてまず注目したいのが、日本代表ジャパン)の活躍です。「ラグビー史上最大の番狂わせ」。前回大会で優勝候補の南アフリカを破り、1次リーグで3勝を上げる躍進を見せた日本代表ですが、下馬評は前回よりも上です。2大会連続で主将を務めるFLリーチマイケル、不動の司令塔であるSO田村優、世界レベルスピードを誇るWTB福岡堅樹をはじめ、ベテランと若手がバランスよく揃った布陣は「史上最強のジャパン」と呼ばれます。世界ランキングは過去最高の9位。チームを率いるジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)は、目標を「ベスト8入り」とし、初の決勝トーナメント進出に意欲を見せます。

とはいえ、これは簡単な課題ではありません。決勝トーナメントへ進出するには、5チーム総当たりの1次リーグで、上位2位に入ることが絶対条件。日本代表は、初戦でロシア(世界ランキング20位)、第2戦でアイルランド(同3位)、第3戦でサモア(同16位)、最終戦でスコットランド(同8位)と当りますが、1つとして弱いチームはないのです。

特に難敵と見られているのが、アイルランドスコットランド。昨年、テストマッチで王者ニュージーランドを破ったアイルランドは、今大会の優勝候補の一角とされる強豪です。スコットランドは過去8大会で7度も8強に進出し、前回大会、日本は45-10で敗れています。8強進出のためには、この2チームから少なくとも1勝を奪い、プール3勝を上げる必要がありそうですが、専門家やファンの間では、スコットランドに勝機を見出すシナリオを書く人が多いようです。

もう一つの見どころ オールブラックスの3連覇なるか?

大会前半の見どころが日本の8強進出だとすれば、後半の焦点は「ウェブエリスカップ」を巡る攻防です。10月19日に始まる決勝トーナメント、決勝は11月2日、横浜で行われます。

そこで、優勝候補の本命と見られるのが、ニュージーランド代表オールブラックス2011年の自国大会、2015年イングランド大会に続く3連覇はなるのか、世界のファンが注目しています。しかし、8月のテストマッチオーストラリアに完敗、2009年11月以降、約10年間保ってきた世界ランキング1位の座から陥落するなど、「らしくない」面も見せています。

昨年来、黒衣軍から勝利を上げたチームとして、南アフリカ(世界ランキング4位)、アイルランド(同3位)、オーストラリア(同6位)があります。オールブラックスの優位性は動かないとしても、この3カ国に加え、今年の欧州王者で世界ランキング1位のウェールズ、名将エディジョーンズHCが指揮を執るイングランド(同5位)にも栄冠を掴むチャンスはありそうです。

ここでW杯の活躍が見逃せない世界のスター選手を紹介しましょう。まずは、オールブラックスのSOボーデン・バレットバレットは、2016年2017年の世界最優秀選手に輝いた世界ナンバーワンSOです。同じオールブラックスでは、WTBリーコ・イオアネも忘れてはなりません。世界最高のウイングとされるイオアネは、今大会トライ王の本命です。フォワードで注目されるのが、ウェールズの主将を務めるLOアランウィンジョーンズチームの精神的支柱であるジョーンズは、ウェールズを初の世界ランキング1位に導いた立役者の1人です。

何が起こるか分からないのがW杯の面白さ

ところで、日本代表が1次リーグを2位で通過した場合、決勝トーナメントの初戦、準決勝の相手は、プールBの1位チームとなることが決まっています。その相手はニュージーランド南アフリカの勝者となる公算が大ですが、ここはオールブラックスの勝ち上がりに期待しましょう。日本代表オールブラックスには、浅からぬ因縁があります。1995年、第3回南アフリカ大会で「145対17」で敗れた「ブルームフォンテーンの悪夢」。W杯史上最多失点による屈辱は、ある年齢以上のラグビーファンにとって今も残る心の棘で、越えなくてはならない高い壁です。

もちろん、返り討ちに合う可能性もあるでしょう。やや醒めた目で見るのが大人の知恵かもしれません。しかし、リベンジの可能性はゼロではありません。

前回W杯で活躍した五郎丸歩は、今大会の優勝候補として日本を挙げています。あるスポーツ番組で、発言の真意を問われた時、「あの時、日本が南アフリカに勝つなんて誰も想像していなかった。何が起こるか分からないのがW杯で、これほど夢があることはありません」と答えています。もう1つのW杯、もう1つの「史上最大の番狂わせ」が起きても不思議ではありません。

※世界ランキング2019年8月20日時点

いよいよ始まる「世界で第三のスポーツ大会」を見逃すな!