将棋の竜王戦挑戦者決定三番勝負の第2局8月23日に行われ、豊島将之名人(王位、29)と、木村一基九段(46)が午前10時から対局中だ。第1局は豊島名人が勝利しており、本局に勝てば広瀬章人竜王(32)への挑戦権を得る。

 両者とも初の竜王位獲得に向けてランキング戦、本戦を勝ち抜いてきたが、同時期に行われている王位戦七番勝負においては、豊島名人は王位として初防衛、木村九段も悲願の初タイトルを目指してぶつかりあっている。20・21日に行われた第3局は、相入玉にもなり、285手という長手数の末、木村九段が勝利し、2勝2敗のタイに戻した。関係者、ファンからは2つの番勝負を合わせて「十番勝負」とも呼ばれている。

 過去の対戦成績では豊島名人が7勝6敗とほぼ互角。わずか2日前に行われた王位戦七番勝負の結果が、本局にどこまで影響するか。

 持ち時間は各5時間で、先手は豊島名人。AbemaTVではこの対局を終了まで生放送する。

(C)AbemaTV
285手の激闘からわずか2日 豊島将之名人 対 木村一基九段 対局開始/将棋・竜王戦挑決三番勝負