ヤングアニマル』(白泉社)17号にて、「ベルセルク」の三浦建太郎が原作&プロデュースの完全新作「ドゥルアンキ」が、9月9日発売の新増刊『ヤングアニマルZERO』にて連載することが発表されました。
8月23日発売の『ヤングアニマル17号にて、9月9日発売の新増刊『ヤングアニマルZERO』で「ベルセルク」の三浦建太郎原作&プロデュースの完全新作が連載開始することが発表されました。

(C)三浦建太郎/白泉社
タイトルは「ドゥルアンキ」。
「天と地の狭間。神でもなく、人でもなく。《龍》の名を授けられた子・ウスムガル。太古の世界。英知を用いて新たな神話を築いてゆく!!!」というリードとともにイメージイラストを公開しました。一挙2話64Pにて連載開始します。
また、『ヤングアニマルZERO』には特別付録として、「ベルセルク」両面クリアファイルが付属します。Twitterでのファン投票によりイラストが決定したクリアファイル、是非手に入れてください。


ヤングアニマル17号には「ベルセルク」最新話も掲載しています。
(C)三浦建太郎/白泉社
映画化が発表された「シグナル100」(原作:宮月新 作画:近藤しぐれ)のスピンオフ情報や、新時代ガール・ミーツ・ボーイけなげなですげ」(コニシリュウイチ)が連載開始するなど、トピックス盛りだくさんの『ヤングアニマル17号に注目ください。


■『ヤングアニマル』とは
白泉社1992年より発行している青年漫画雑誌。『ベルセルク』(三浦建太郎)、『3月のライオン』(羽海野チカ)、『ふたりエッチ』(克・亜樹)などが連載中。毎月第2・第4金曜日発売。
(C)ヤングアニマル/白泉社
ヤングアニマル」公式サイトhttps://www.younganimal.com/


■「ベルセルク」とは
『月刊アニマルハウス』(白泉社)にて1989年に連載開始。その後『ヤングアニマル』に連載の舞台を移し、現在も連載中。
重厚なストーリー、魅力あるキャラクター、圧倒的で緻密な作画、そして何者にも追随を許さぬ創造力。読者の心と人生に強い衝撃と感動を与え、日本の読者だけでなく世界の読者をも魅了。
剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に主人公ガッツの壮絶なる生き様を描く、全世界シリーズ累計発行部数4000万部の最強ダークファンタジーコミック
1997~1998年テレビアニメ化、2012年2013年に3部作で劇場アニメ化、2016~17年に再度のテレビアニメ化。
(C)三浦建太郎/白泉社
YOUNG ANIMAL COMICS
ベルセルク三浦建太郎
1~40巻 発売中。以下続刊。
公式サイトhttps://www.younganimal.com/berserk/


■『ヤングアニマルZERO』とは
2019年9月9日発売する、”面白さ”、原点回帰!を掲げる、白泉社刊の新増刊。
ベルセルク」(白泉社)の三浦建太郎、「うらみちお兄さん」(一迅社)の久世岳、「覆面系ノイズ」(白泉社)の福山リョウコ、「シグナル100」(白泉社)「不能犯」(集英社)の宮月新、「ハイスコアガール」(スクウェア・エニックス)の押切蓮介、などが寄稿。

配信元企業:株式会社白泉社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ