韓国政府のGSOMIAを破棄するという破棄するという報道があり、日韓のみならずアメリカ、そして東アジア全体の安全を危惧する由々しき事態となっています。これを受け河野太郎外務大臣も記者団にコメントをするなど日韓関係は悪化の一途を辿っていますが、韓国とアメリカの関係性も危うくなるのではないかとネット上で話題となっています。

GSOMIA破棄で日韓全面戦争か

GSOMIAが協定される前は北朝鮮の軍事情報についてアメリカを通じて情報共有を行っていましたが、GSOMIA協定後は日韓で軍事情報が直接やりとりを行う事が出来るため素早い情報共有が可能となり、日韓のみならず東アジア全体の安全保障がなされる状態でした。

しかし、GSOMIA破棄を韓国側が決定したことで東アジアの安全にも影響が及ぶことに懸念も。

在韓米軍の縮小も!?

GSOMIA破棄はアメリカの意向にも反することから、アメリカと韓国の関係悪化にも影響があるのではないかと言われています。

在韓米軍が縮小撤退するとなると、北朝鮮への抑止力が弱まる事が懸念されることから日本だけでなく韓国、そして東アジアの安全にも影響があると言う意見も。

GSOMIA破棄は日韓関係だけでなく、東アジアアメリカまでに影響があると言う事で

河野外務大臣も韓国駐日大使を呼び出し抗議を行っています。

画像掲載元 PIXABAY



画像が見られない場合はこちら
日韓軍事情報包括保護協定が破棄で韓国がヤバい事態に!在韓米軍撤退の噂広まる。