将棋の竜王戦挑戦者決定三番勝負の第2局8月23日に行われ、豊島将之名人(王位、29)と、木村一基九段(46)が午前10時から対局中だ。正午から40分間の昼食休憩を終えて、現在は対局再開。昼食休憩までに、豊島名人は持ち時間をわずか3分しか使わない究極の時間攻めを徹底している。

 両者は同時期に、王位戦七番勝負でも対戦中。豊島名人は王位として、木村九段の挑戦を受けている。20・21日に行われた第4局は木村九段が勝利したが、285手という長手数での熱戦となった。

 この熱戦からわずか2日後の本局だが、相掛かりの出だしから豊島名人は自身の37手目で昼食休憩を迎えるまで、研究の成果からか指し手はほぼノータイム。木村九段が約1時間30分を消費したのに対し、豊島名人はほんの3分しか消費しないという極端な差が出ている。

 過去の対戦成績では豊島名人が7勝6敗とほぼ互角。豊島名人は勝てば広瀬章人竜王(32)への挑戦権を獲得。木村九段は勝って、王位戦七番勝負(2勝2敗)同様にタイに戻せるか。

 持ち時間は各5時間で、先手は豊島名人。AbemaTVではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

豊島将之名人 チキン山椒焼き 木村一基九段 チキンカツ丼

【昼食休憩時の残り持ち時間】

豊島将之名人 4時間57分(消費3分) 木村一基九段 3時間29分(消費1時間31分)

(C)AbemaTV
豊島将之名人が究極の時間攻め 対局開始2時間で持ち時間消費わずか3分 木村一基九段と対局中/将棋・竜王戦挑決三番勝負