8月22日(木)夜11時より、AbemaTVオリジナルドラマ『奪い愛、夏』の第3話が放送され、田中みな実演じる井川瞳のキャラクターに注目が集まっている。

 本作は、主演の水野美紀とともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平松本まりかの"豪華怪演陣"が一挙に集結し、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマテレビ朝日系2017年1月から3月にかけて放送され、狂気と怪演技、ドロドロの愛憎劇が話題を呼んだドラマ『奪い愛、冬』と同様に鈴木おさむが脚本を務め、全く新しいオリジナル版として放送する。 

 花園桜(水野美紀)は、40歳以上の女性をターゲットとしたマッチングサービス「ラブネクスト」を立ち上げ、10年後の日本を担う女社長のひとりとして知られていた。自身のブランディングのために結婚したいと考えた桜は、優秀イケメン社員の桐山椿(小池徹平)に10億円と引き換えに契約結婚をするよう命令。実家が借金を抱えて困っていた椿は、「浮気は絶対にダメ。もし浮気したら全額返済しろ」という条件のもと泣く泣く結婚を受け入れた。しかし、付き合っていた空野杏(松本まりか)のことを吹っ切れない椿は、桜には秘密で杏との愛を育み続けることを選択したのだった。

 桜の命令により、桜&椿の新婚インタビューに立ち会うこととなった杏は、その空間に耐えられずに退席。苦しい会社生活を送っていた。

 そんな杏の気も知らない親友の瞳は桜と椿の関係に興味津々。杏のデスクに立ち寄り、「わたしも立ち会いたかったな~」と立ち話を始めだす。

 そんななか、杏が引き出しを開けると1匹のセミの死骸が。声をあげて驚く杏だったが、瞳は「あ~セミの死骸だね~」と躊躇なくセミをつかみ出し、ゴミ箱にポイ。「なんでこんなところに入り込むんだろう?」と全く驚かない様子の瞳には、視聴者から「田中みな実こっちの黒い女優のほうが合ってる」「絶対黒でしょ」「黒幕きたー」「田中みな実悪者?」「お前やろ」「田中みな実、グルのかか」「こいつは桜とグルだな」「ブラクラみなみの仕業?」など期待のコメントが寄せられた。

 

■番組情報
『奪い愛、夏』第3話
番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1290_s1_p3

「セミの死骸だね~」田中みな実の怖すぎる笑顔に視聴者戦慄