こんにちは、bizSPA!ガジェット班の尾身宗一郎です。今回はiPhoneアラーム音に関する裏ワザをご紹介します。

iphone
※画像はイメージです(以下、同じ)
 普段から目覚まし時計代わりに、iPhoneアラームを設定して使っているという人も多いでしょう。

 2度寝、3度寝を見越してアラームを5分間隔で10個設定している筆者も、あながちマイノリティではないはず……。そんな“多重アラームユーザーがついやってしまいがちなのが、アラームの消し忘れではないでしょうか。

突然のアラーム音にも慌てずiPhoneを見よう!

iphone
多重アラーム状態
 多重アラームを設定している人がやりがちなのが、アラームの消し忘れ。

 何個もアラームをかけているために、すべてのアラームOFFにし忘れて、出勤→電車の中で突然iPhoneアラーム音を響かせてしまい、驚きとともに恥ずかしい気持ちに……。

 そんなときは、慌てずにiPhoneの画面を注視してみてください。“ただiPhoneの画面を見るだけ”でアラーム音が小さくなるんです。これはiPhone X以降から設定できる「画面注視認識機能」のおかげで、iPhoneが勝手に「画面をみる→アラームに気が付いた」と判断し、アラーム音の音量を下げてくれているからです。

「画面注視機能」をONにする方法

iphone
「設定」アプリ→「Face IDとパスコード」→「画面注視認識機能」をON
1.「設定」アプリタップ

2.「Face IDとパスコード」→「画面注視認識機能」をON

 これで簡単に設定することができます。アラーム音だけじゃなくて着信音なんかも画面を注視するだけで音量を下げることができるので便利ですよ。

電車の乗り過ごし防止には「無音アラーム」

 電車の乗り過ごしを防ぎたいけど、電車で寝たい! というときには、「無音アラーム」の設定(iOS 12以降で可能)もおすすめです。マナーモードにしていても、アラーム音やミュージックアプリでは音が鳴ってしまいます。

 電車の中など公共の場所でアラームをかけたい(バイブレーションで知らせてほしい)場合は、マナーモードにするだけでなく、アラーム音(サウンド)を「なし」に設定しましょう。

1.「時計」アプリ→「アラーム」を開く

2. 左上の「編集」をタップし、編集したいアラームを選択

3.「アラームを編集」から「サウンド」タップ

iphone
「時計」アプリ→「アラーム」を開く→左上の「編集」をタップし、編集したいアラームを選択→「アラームを編集」から「サウンド」タップ
4. 一番下の「なし」を選択

iphone
一番下の「なし」を選択
 この設定をしておけば、アラームの設定時刻には音無しバイブレーションだけが機能するので、突然アラーム音を響かせることはなくなります。

 iPhoneの時計アプリ、特にアラーム設定は頻繁に使う機能なので、ぜひ活用してみてください。

TEXT/尾身宗一郎>

【尾身宗一郎】

フリーライター大学院を卒業後、大手メディア会社にてメディア運営やアドネットワーク運用などを担当。趣味は車。個人ブログbluexlab」を運営。

※画像はイメージです(以下、同じ)