カメラメーカーニコンは、実は和菓子の「ニコンようかん」を販売しています。近ごろ、この知る人ぞ知る名品が、公式ストア「ニコンダイレクト」のメルマガで「9月30日をもって販売終了」と告知され、ファンから悲しみの声が上がっています。

【その他の画像】

 ニコンようかんの歴史は古く、1973年から従業員向けに工場の売店などで売られていたたそうです。本来はニコン社内限定の品でしたが、それを知った同社のファンが知り合いの従業員に頼んで入手するケースも。そこからオンラインショップで販売するアイデアが生まれ、誰でも購入できるようになりました。

・参考:Nikonようかん、最も厳重な梱包で届く和菓子 知る人ぞ知る名機(withnews)/ザ・ワークス Vol.03 『ニコンオンラインショップ』(ニコン公式サイト

 告知を受けて、Twitterでは「憧れのようかんが……」「ニコンフィルムカメラよりもようかんが先に終わるとは」と嘆く声が多数。また、駆け込みで購入した人が多かったのか、ニコンダイレクトでは既に全品が売り切れとなっています。

 販売終了について、編集部がニコンに問い合わせたところ、ニコンダイレクトをはじめとするオンラインショップでの販売を終了するのは事実との回答。判断理由は「ここ数年間の販売状況に鑑みて」とのことです。

 ただし、あくまでも終了は通販のみ。ニコンミュージアム東京都港区)内の売店では、同館オリジナルパッケージニコンようかんを販売し続けるそうです。同店舗はオンライン販売や地方発送を行っていないため、手軽には入手できなくなりますが、ファンの望みは当面続きます。

ニコンNEW一口ようかん(バラエティセット)