「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭-」記者会見が23日、東京都内で行われ、アンバサダーに就任した、作家・スポーツライター乙武洋匡氏、タレントりゅうちぇる、IVAN、ラブリが出席した。

 本祭典は、障害、性・世代・言語・国籍を超え、多様性にあふれ、みんなが支え合う社会の実現を目指し、2019年9月から2020年7年までの1年間を通して、東京都内を中心に、多彩なパフォーミングアーツの演目を展開する。

 りゅうちぇるは、アンバサダー就任を受け「光栄です。みんなが自分の色で輝けるよう、イベントを通してメッセージを伝えていけたら」と意気込みを語った。

 また、自身が生きづらさを感じていた過去のエピソードを披露した。

 りゅうちぇるは「僕は小さい頃から、男の子だけどかわいいものが大好きだったり、メークが好きだったり、人と違った個性があったので、結構からかわれたりもした。人に嫌われたくないと思い、男の子っぽく演じたこともあったけど、結局本当の友達もできず孤独だった」と振り返った。

 そんな葛藤の中で「自分を偽らず生きていきたい」と決意したりゅちぇる。行動に移した結果「大切な人や大好きな仕事にも巡り合えて、皆さんに応援してもらえる今の自分になれた。芸能の仕事をする前は『男なのに』とからかわれたりもしたけど、僕みたいな人が前に出ることで、こうしてキラキラ生きられるんだよ、ということを発信していけたら」と熱く語った。

 トランスジェンダーであることを公表しているIVANも「True Colors、ありのままに生きる、ということを皆さんと一緒に広めていけたら」と笑顔で語った。

 (左から)りゅうちぇる、乙武洋匡氏、ラブリ、IVAN