一般財団法人神戸観光局(住所:神戸市中央区)から、この秋に開催される神戸市六甲山上で行われる「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」をはじめ、建物を丸ごと使った現代アートや港で行う海上劇など、「山・まち・ひと」を素材にした芸術イベントを紹介します。

 「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」(主催:六甲山観光株式会社 本社:神戸市)は、六甲山の土地柄や景観を生かした現代アート作品を通じ、ピクニック気分で六甲山上を周遊しながら、点在する現代アート作品を、自然の中で楽しめる展覧会です。 10回目となる今回は、浅野忠信、榎忠、藤本由紀夫など過去最多となる42組のアーティストが出展し、山上の11会場を舞台に作品展示を行います。アートと出会う発見や驚きとともに「新しい六甲山の魅力」をお伝えします。


会  期:2019年9月13日(金)~11月24日(日) ※会期中無休
開催時間:10:00-17:00 ※会場により17:00以降も鑑賞できる作品がある

前売券:9月12日まで発売   大人 1,900円 小人 950円
当日券:9月13日11月24日 大人 2,200円 小人 1,100円 ※大人(中学生以上) 小人(4歳~小学生)

〈出展アーティスト一例〉
浅野忠信
榎忠
藤本由紀夫
■「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2018」開催時の様子
久保寛子「やさしい手」2018年
木村剛士「畑になる/人」2018年
榮健太郎「いしのたね」2018年
■六甲山を訪れる外国人は6年前の約6倍に急増!
ラグビーW杯で外国人12万人が来訪見込み

 六甲山を訪れる外国人も年々増えており、2013年12,460人から2018年には81,981人と約6.5倍と急増しました。「※六甲山観光(株)利用施設のべ数」国別では、中国が63倍、香港が15倍、韓国が13倍で、最近はタイからの訪問者が増えています。
 今年10月には神戸市でもラグビーワールドカップが開催されます。その際に訪れる外国人は12万人と見込んでおり、市街地のすぐ近くで自然に触れられる六甲山の魅力を伝え、満喫していただけるよう取り組みを進めています。


9月11日(水)プレスプレビュー開催
この度、一般公開に先駆け、9月11日(水)にプレスプレビューを開催し、会場を巡りながら本展の見どころを解説するプレスガイドツアーを行います。また、当日15時から公募大賞表彰式・レセプションを行います。
ご参加希望のメディア様は事務局までお問合せください。

◆プレスプレビュー(内覧会)概要

総合プロデューサー 明石達雄(六甲山観光株式会社 取締役 営業推進部長)からオリエンテーションを行ったあと、10時20分頃からプレス関係者を対象に、本展の総合ディレクター兼キュレーターの高見澤清隆が見どころを案内・解説するガイドツアーを行います。ガイドツアーに参加せず展覧会会場を自由に取材いただくことも可能です。
日程 : 9月11日(水) ※雨天決行
時間 : 10:00~14:30(受付 9:30~/プレスプレビュー・内覧会 10:00~)
受付 : 六甲山カンツリーハウスレストラン アルペンローゼ
※お車でお越しの場合は、六甲山カンツリーハウス西駐車場にお停めください。


■ 「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」オフィシャルツアーを初開催!
現代アートの魅力と六甲山を知っていただくため、神戸三宮・新神戸からの直行バスを運行し、ガイドによる分かり易い解説付きで六甲山上のアート作品を巡るツアーを開催します。

日程 : 9月14日(土)~11月24日(日)の土曜・日曜・祝日 計27日間
料金 : 8,700円 (税込価格/鑑賞チケット、バス、ケーブルランチ、保険、ガイド料金含む)
定員 : 22名
予約 : WEBサイト https://www.rokkosan.com/tabi/
行程 : 10:00 三宮出発 → 10:10 新神戸 → 10:50 六甲ケーブル下駅着 → 11:25作品ガイド → 16:00ガイド終了 →16:45 新神戸 →17:00 三宮到着
特典 : 1.ツアー限定!鈴木なるみイラスト入りオリジナルレジャーシート非売品)をプレゼント 2.参加証として 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019 オリジナル缶バッチを配布

【お問い合わせ】
六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019 事務局 広報担当、六甲山観光株式会社 営業推進部
078-894-2210 平日9:00-18:00

■ふたりの無謀な企みによって、神戸がどこへ向かうことになるのか。
9月14日(土)~11月10日(日)開催
アート・プロジェクト KOBE 2019:TRANS-
 神戸市の西部に位置する、兵庫港、新開地、新長田を中心とする地域で開催する「アート・プロジェクト KOBE 2019:TRANS- 」。
今回のプロジェクトでは、グローカルに発展するクリエイティブ・シティとしてのKOBEの新たな可能性を、世界の第一線で活躍する現代アーティストとともに見出し、地域と連携をとりながら創作を実現、見慣れた風景を一変させ、異次元の世界や異空間へ“飛び越えて”いくことを目指します。
 ディレクターは国立国際美術館の客員研究員であり、インディペンデントキュレーターとしてヨコハマトリエンナーレ2014など国内外の美術展を数多く手がける林寿美氏が務めます。参加作家は、2001年ヴェネツィア・ビエンナーレでドイツ館代表作家となり、金獅子賞を受賞したグレゴール・シュナイダー氏と神戸市兵庫区生まれのやなぎみわ氏です。

グレゴール・シュナイダー Gregor Schneider
1969年ドイツライト生まれ。16歳で、自宅の部屋の中に別の部屋を作るなどして改造する作品《家 u r》の制作に着手。2001年ヴェネツィア・ビエンナーレでドイツ館代表作家となり、金獅子賞を受賞。以降、インド、コルカタの寺院前に巨大な道の門を立てたり、大きな水道管を迷路のようにはりめぐらせたりして、時空がねじれた非現実な体験を促すインスタレーションを手がける。横浜トリエンナーレ、ミュンスター彫刻プロジェクトなど、国際芸術祭の参加も多数。デュッセルドルフ芸術大学教授。ライト在住。

グレゴール・シュナイダーが手がけるのは、神戸市内の8ヵ所で発表される「12の道行き」と名づけられた12作品。鑑賞者は第1留から第12留までを訪ね歩きながら、シュナイダー世界の旅人となります。美術館というホワイトキューブのなかには収らない作品の数々が待ち受けます。
※写真は作品および作品会場の一部です。

やなぎ みわ Miwa Yanagi
1967年神戸市兵庫区生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。〈エレベーターガール〉や〈マイ・グランドマザーズ〉など、CGや特殊メイクを駆使した写真で、若さと老いといった女性を取り巻く諸問題への洞察を試みる。2009年ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館の代表作家。2011年からは演劇に取り組み、『ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ』を国内外で上演。2017年の「港都KOBE芸術祭」では野外劇『日輪の翼』のための移動舞台トレーラーを展示した。京都在住。

神戸・兵庫港で花開く踊り念仏とステージトレーラー
台湾で出会ったステージトレーラーに魅せられ、演劇公演を企てたやなぎみわ氏は、自らがデザインし輸入したステージトレーラー2014年ヨコハマトリエンナーレで発表。以降、巡礼劇「日輪の翼」(原作:中上健次)を5都市で野外上演しました。今年は「日輪の翼」の巡礼を、恵比寿神の漂流と一遍上人の遊行に重ね、半海半陸の公演地で踊り念仏とともに上演されます。

日輪の翼[神戸公演]:2019年10月4日(金)・5日(土)・6日(日) 18時開演
料金:全席自由 一般4,000円 U25(25歳以下)2,500円 当日 一律4,500円(税込)
【チケットのお問い合わせ】
神戸市イベント案内・申込センター 078-333-3372 (年中無休 8:00-21:00)

イベント全体のお問い合わせ】
TRANS-KOBE実行委員会 078-515-6034


■「下町芸術祭2019」
 下町芸術祭は2014年神戸市長田区で地域のアーティストやNPO、建築家商店主が集まり実行委員会を構成して始動したアートプロジェクトです。2年に1度行なっており、古民家や劇場、使用されなくなった保育所など地域の様々な場所で展示やパフォーマンスを展開するものです。

会期 : 2019年10月12日(土) ~ 11月10日(日)
休業日 : プログラムに準ずる
会場 :
【長田区南部】
ArtTheater dB Kobe、角野邸、旧駒ヶ林保育所、鉄人広場、個人宅(K 邸、F 邸、G 邸、O 邸、Y 邸)、喫茶パペポ、 神戸映画資料館、駒どりの家、野瀬病院、マップスペース Gnu、旧合田邸、Atelier KOMA、二葉じぞう広場、 駒どりの家、駒ヶ林会館、コミュニティカフェ・ナドゥリ、はっぴーの家ろっけん、神戸奄美会館、スタジオ・ 長田教坊、スマイルネットセミナールーム、39SAIGON、地下鉄海岸線各駅(新長田駅駒ヶ林駅苅藻駅)
【兵庫区南部】
地下鉄海岸線各駅(御崎公園駅和田岬駅中央市場前駅)

プログラム :
講座プログラム「下町芸術大学」 ディレクター: 角野史和
エキシビションプログラム「from 此処から、此れから」ディレクター:小國陽佑
パフォーマンスプログラム「家が歌う」ディレクター:横堀ふみ
森村泰昌 下町物語プロジェクト2017-2019「釜ヶ崎・須原・福原」 キュレーター:木ノ下智恵子
写真展示プログラム「下町寫眞展」 ディレクター:岩本順平
つなぐプログラム ディレクター:田中幸恵

【お問い合わせ】
新長田アートコモンズ実行委員会 078-647-7430

配信元企業:一般財団法人 神戸観光局

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ