Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

写真って、ちょっとした位置取りで印象が大きく異ることもしばしば。 最近は、自撮り棒ドローンなどによって、難しかった角度などで撮影でき、SNSをはじめとして、新たな刺激を得る機会も増えましたよね。

そんな、撮影スタイルアップグレードできるツールに高機能三脚という選択肢もありますよ。

現在machi-yaでキャンペーン中の防水三脚「Pakpod」は、様々な場所に固定でき、臨場感溢れる撮影を可能にしてくれるアイテムキャンペーンの終了が迫ってきたのであらためて紹介しておきます。

水中にだってしっかり立つ!

Image: machi-ya

「Pakpod」はアクションカムと相性ばっちりの防水仕様なので、水中での撮影だってこのとおり可能。

三脚を使うことで手持ちでは撮影できない貴重なシーンに出会えるかも?

Image: machi-ya

こちらの参考画像では重りが使用されているようですが、緩い流れであれば製品単体でも問題ないそう。

なお、釈迦に説法ですが水中撮影には防水仕様のカメラを利用してくださいね

激しいアクティビティも守備範囲

Image: machi-ya

ボートなどにしっかり固定できることで、カヤックやラフティングなどの激しいアクションでも撮影可能

アクションカメラマウントは体や腕、ヘルメット自転車ハンドルなど固定する場所が限られており、未対応の乗り物への設置は工夫が必要なケースが多いですよね。

Image: machi-ya

「Pakpod」を使えば、このように今までは撮影が難しかったシーンでの安定した自撮りも可能に。フォーム確認などにも役立ちそうです。

安定の秘密は特殊形状のステークス

Image: machi-ya

海中やボートの上などで安定する秘密は、この先端部分。頑丈で鋭い爪がピンポイントバランスを取る、直接刺して固定、三角形全体で面を押さえる、関節のよう曲がって引っ掛けるという機能を果たし、さまざまなシチュエーションに対応してくれます。

Image: machi-ya

標準のステークス以外に、よりハードな氷や雪や岩などにも対応した「QUARTER-20 STAKE」があれば、登山やロッククライミングなど、従来の三脚では撮影できないような写真が撮れそうです。

Image: machi-ya

先端が鋭利で怪我の危険が…と思われる場合には、安全が考慮され、丸くなった「SAFE STAKE」という選択肢も。子どもや至近距離での人物撮影の場合にはこちらが安心ですね。

エクストリームフォトからいつもの家族写真まで幅広く対応できる「Pakpod」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン実施中。

執筆時点では製品単体が10%OFFの13,275円(送料込)からオーダー可能となっています。その他にもオプションが充実したセットプランもあるので、気になる方は是非チェックしてみてください。

>>これまでの三脚では難しかった撮影を可能にしてくれる「Pakpod」のオーダーはこちら

Source: machi-ya, Youtube