俳優の役所広司が主演する映画「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」が11月15日に公開することが決定し、あわせて日本版予告編がお披露目された。映像では、ロックバンドGLAY」による主題歌「氷の翼」にのせ、世界最高峰・エベレストでの過酷なアクションシーンに挑む役所の姿が切り取られている。さらに日本語吹き替え版には、沢城みゆき宮野真守という人気声優陣が参戦することがわかった。

「M:I-2」や「レッドクリフシリーズで知られるプロデューサーテレンスチャンが、役所と初めてタッグを組む日中合作映画。“ヒマラヤの鬼”と呼ばれるヒマラヤ救助隊「チームウィングス」の隊長ジャン(役所)は、エベレスト南部で墜落した飛行機に残された、重要機密文書の捜索を依頼される。ジャンチームメンバーとともに、48時間で過酷な雪山の頂・デスゾーンに挑むが、世界規模の陰謀が渦巻く、予測不能な事態が待ち受けていた。

予告編には「標高8848メートル氷点下83℃」「タイムリミットは48時間」という厳しい条件が示され、命がけでミッションを遂行するジャン、かつてエベレストで遭難した恋人を探すために入隊したシャオタイズ(チャン・チンチュー)、情熱にあふれた若きヘリパイロット・ハン(リン・ボーホン)を活写。役所が「これほどスケールの大きい作品は日本では体験できない」と語るように、極寒の地で繰り広げられる規格外のアクションが圧倒的な映像美で映し出され、エベレストの銀嶺を飛翔していくように「氷の翼」が高らかに響く映像が完成した。

日本語吹き替え版では、役所が自身の吹き替えを担当。そして、「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」の峰不二子役で知られる沢城がシャオタイズ、「ペット2」「二ノ国」など出演作が絶えない宮野がハンの声を務める。

オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」は、11月15日から全国で公開。

日本語吹き替え版に参戦する、 沢城みゆき&宮野真守