アンパンマン

1988年より、日本テレビで放送されている国民的アニメ『それいけ! アンパンマン』。

アンパンマンを作ったパンづくりの名人・ジャムおじさんの声優を務めていた増岡弘が、高齢のため本人の希望により同役を卒業。後任の声優には、山寺宏一が抜擢された。

23日の放送では「新しいジャムおじさん」に注目が集まるも、「ジャムおじさんの愛車」に驚きの声が相次ぐ事態に。

■パン工場にハーレー風バイク

話題となっているのは、「アンパンマンと3ばいめいけんチーズ」という巻。ひょんなことから、バイキンマンが作った「3倍マシーン」に入ってしまったチーズの前に、2匹のチーズの分身が現れる。

アンパンマンが3匹のチーズパン工場に連れ帰ると、目を離した隙に分身チーズの1匹が、パン工場にあった黄色い「ハーレー風」な厳ついバイクを乗り回してしまう。

関連記事:アンパンマン・ジャムおじさん役声優卒業 バタコからのねぎらいも

■ジャムおじさん「私の…」

パン工場から出てきた山寺演じるジャムおじさんは、それを見て「私のバイク…」とぽつり。

ジャムおじさんは、アンパンマン号の他にバイクも所有しており、パン工場で働くのほほんとした雰囲気とは一変、厳ついバイクドライブを楽しむワイルドな趣味も持っていたようだ。

■「違和感ない!」「バイクにびっくり…」

放送を受けて、これまでの増岡のジャムおじさんと全く違和感のない山寺のジャムおじさんに、インターネット上では感嘆の声が。また、ジャムおじさんの知られざる一面にも、驚きの声が相次いでいる。

■「ギャップのある趣味」はモテ要素

日本人の間で広く定着している、「パンづくりに勤しむ温厚なキャラクター」とはギャップのある一面をのぞかせたジャムおじさん。過去の放送でバイクに乗るシーンは登場しているのだが、知らなかった人も多かったようだ。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,721名を対象に実施した調査では、全体で27.3%の人が「ギャップのある趣味を持っている異性にときめく」と回答している。

調査ギャップ

性・年代別に見てみると、とくに10代~30代の女性がギャップのある趣味を持つ男性に惹かれる傾向があるようだ。

山寺によって、また新しく魂が吹き込まれたジャムおじさん。ギャップのある趣味と相まって、これからますます多くのファンを獲得してしまうかもしれない。

・合わせて読みたい→安田美沙子、『アンパンマン』パンを自作 まさかの展開が悲しすぎる…

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17日2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

声優交代のジャムおじさん、「本当の愛車」が衝撃的すぎた…