今年7月、大阪府枚方市遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトスタッフが亡くなるというショッキングニュースがあった。原因は熱中症だった。

 他にも連日の猛暑の中、相次ぐ熱中症による体調不良で倒れる人が続出。総務省消防庁によると、今年7月29日8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に上っている。

 予防策は、決して他人ごとではない「熱中症」をまずは知ること。週刊文春で様々な視点から取り上げてきた、真夏の猛威「熱中症」企画をここに紹介する。

※「週刊文春2013年8月29日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

高齢者の体が対応できない“第2の熱波”

 連日の猛暑と熱帯夜。列島を襲う強烈な“第2の熱波”により、熱中症被害は拡大の一途を辿っている。

「梅雨明けの7月上旬に到来した“第1の熱波”の後、涼しい日が続き、体がリセットされてしまった。そこへ再び猛暑が襲ったので、高齢者は変化に対応できず、倒れてしまうのです」(昭和大医学部救急医学講座・三宅康史教授)

 今夏、救急搬送されたのはなんと4万7000人以上。梅雨明け以降、都内だけでも110人が命を落としているが、100人が自宅など室内で亡くなっており、そのうち死亡状況の詳細が判明している約80人の半分以上が一人暮らしをしていた65歳以上の高齢者だった。

 現場では、いったい何が起きていたのか――。

独居老人が熱中症に気づかず死亡したケース

 7月13日西東京市アパートで一人暮らしの86歳の男性が死亡しているのが発見された。家賃の集金で部屋を訪ねたアパートの大家が、台所でうつ伏せに倒れてすでに亡くなっているのを発見したという。

「部屋の中はガランとしていて必要最低限のものしかありませんでした。冷蔵庫の中も空っぽで、エアコンもなく、ガタガタと音を立てて動くような古い扇風機が1つだけ。窓は開いていましたが、裏の家の壁が近く、風通しが良いとは言えない部屋なんです」(アパートの大家)

 死因は熱中症による臓器不全と考えられた。

 桐蔭横浜大の星秋夫教授はこう推測する。

「高齢になってくると、暑さの感覚が鈍ってくるので、エアコンがなくても平気だったのでしょう。また、手足の汗腺も衰えてくるので汗をかきにくくなる。猛暑日が続けば、部屋の中でじっとしていても脱水症状が徐々に進行します。やがて重症度の熱中症で意識を失い、そのまま死亡してしまったと考えられます」

 もう1つの大きなリスクは、地域社会から孤立した環境で独居老人が熱中症に罹(かか)っても、誰もそれに気付かないということだ。

 このケースもそうだった。男性は、以前は静岡で社員30人ほどの工具関係の会社を営む社長だった。だが、10年ほど前に会社は倒産。都内に住む長女を頼って上京して来た。このアパートには5年前に移り住んできたが、周囲に知り合いもなく、長女が訪ねて来ていた様子もなかったという。

熱中症による死亡リスクが高い「老老介護」の家庭

 我が国は65歳以上が総人口に占める割合である「高齢化率」が20%を突破している。独居老人と同様に、急増する「老老介護」の家庭では、極めて熱中症死亡のリスクが高いといえる。

 8月13日には、神戸市垂水区の文化住宅で、56歳と53歳の姉妹が相次いで亡くなっているのが発見された。

 地元警察関係者が話す。

「妹は13日の午前5時過ぎに、コンビニへ新聞を買いに行き、玄関先まで帰って来て倒れたようです。姉は2階の自室の布団の上で亡くなっていましたが、司法解剖の結果、前日12日の昼頃に死亡したことがわかりました。80代の姉妹の母親も、12日夕方に熱中症で救急搬送されています。同じく80代の父親は認知症で、姉妹もなんらかの理由で職に就けない状況だったそうです」

 通報を受け、午前8時ごろに警察署員が駆けつけたときには、家の窓は全部閉め切られ、室内はかなりの高温状態。エアコンは壊れていたという。

 神戸市8月10日から14日まで猛暑日が続いた。

「12日の最低気温は29度。朝なのに昼間と変わらない気温でした。そんな中を脱水症状のまま歩いてしまったので一気に悪化したのでしょう」(星教授)

もっと悲惨な「認認介護」の現場も……

 もっと悲惨な例もある。港区高輪では8月12日、帰宅した無職の次男(45)が、母親が熱中症で倒れているのを発見。病院へ運ばれたが死亡した。認知症の父親(87)も脱水症状で入院。さらに父親の兄(89)が死後10日前後の状態で発見されたのだ。ここは老老介護に加えて、認知症患者が認知症患者を介護する「認認介護」の家庭だった。

「一緒に住んでいる次男を含めて、奥さんが全部面倒をみていました。その奥さんも、実は8月3日認知症の疑いで診察を受けていたのです。8月の初め頃、『2階のエアコンが壊れちゃった』と話していて、熱中症にかかる何時間か前に、近所の電器屋へ扇風機を買いに行ったようです。扇風機を買ったその日に亡くなるなんて、本当に気の毒ですよ」(近所の住民)

 以前は町内会にも入っていたが、最近は近所づきあいもなかったという。

「要介護者がいる家庭では、介護している側の負担が一番大きい。しかも、その人が倒れてしまうと、家族全体が共倒れになってしまう。これは今一番の問題です」(三宅教授)

定期的な配達や”見守りシステム”で対策を

 こうした高齢者の突然の発症を早期に発見するためには、なにより地域社会との接点を持つことが大事だという。たとえば、牛乳配達員が配達先の高齢家庭の異常事態を早期に発見することも多いという。

「新聞が郵便受けに溜まり始めると、隣家などが不審に思ってくれますが、生活が厳しい人は、新聞を取るのを止めてしまう。そういう場合は、牛乳やヤクルトなど、コストが低いものを配達してもらうのも方法です」(順天堂大・稲葉裕名誉教授)

 牛乳配達なら週2回計5本の配達で約2500円(森永乳業の場合)、ヤクルトなら月約2000円から毎日配達してもらえる(地域による)。

 また、最近では様々な形で一人暮らしの高齢者を見守るシステムがある。

 象印マホービンは、無線通信機を内蔵した電気湯沸かし「iポット」をレンタルしている。ポットを使ったかどうかが、離れた家族の元にメールで毎日連絡されるのだ。契約料(初回のみ)は5250円で、毎月のレンタル料は3150円。東京ガスの「みまもーる」は、ガスの利用状況がメールされる。こちらは加入料5250円、利用料は月987円だ。

「セコムやALSOKといった、ホームセキュリティを活用するのも手でしょう。センサーを設置して、トイレのドアの開閉がなかったり、室内での動きが一定時間ないと、管理者に知らせるといったシステムを導入するケースが増えています」(都内の不動産業者)

家族同居で間一髪

 もちろん家族が小まめに連絡を取るのも重要だ。ただし、高齢者は自らの症状の進行に気付かないことも多いため、注意が必要。

「少々具合が悪くても電話には出られます。実際、前日の電話には出たのに翌日には熱中症で倒れていたケースもある。食欲の有無も判断材料の1つですから、何をどれくらい食べたのかを確認するなどの必要があります」(三宅教授)

 実際、高齢者だけの家庭でも、家族がいたことで、間一髪助かったケースもある。京都市内に住む90代の女性がそうだ。一緒に住む70代の娘が話す。

「夕方頃、隣の部屋から、バタンという大きな音が聞こえてきました。慌てて見に行くと、ベッドの脇でおばあちゃんが真っ赤な顔をして倒れていました。意識がなく、それどころかいびきをかき始めたのです」

 熱中症とその対策の知識があったので、応急処置として、脇の下や足の付け根を氷で冷やし、体温を下げる努力をした。すると、15分ほどで意識を取り戻したという。いびきの原因は意識障害によるものだった。

「数年程前から脚を悪くしており、介助しながらトイレに行くのに1回で20分ほどかかってしまうのです。それもあって、あまり水分を摂りたがりません。世代的な習慣からか、エアコンをつけるのも嫌がるところがありました」(同前)

 そういう場合にいい方法があると話すのは、介護ジャーナリストの長岡美代氏。

「あまり水分補給をしたがらない高齢者には、味のある麦茶やスポーツリンクなどを寒天やゼリーにして食べてもらう方法もあります。あるいはところてんのような味にして、塩分を同時に摂って貰うのもいい。水を飲むのは嫌だけど、固形物なら食欲が出るという高齢者は多いのです」

若年層でも困窮によって死亡する事例も

 もちろんリスクは高齢者だけにあるのではない。栄養状態のよくないワーキングプアの若年層の被害者も出ている。

 8月初旬、40代前半の派遣社員の男性も熱中症で亡くなった。北区赤羽にあるアパートの室内には、こんな光景が広がっていたという。

ファストフードでしのいでいたようで、マクドナルド100円ハンバーガーの包み紙と、1リットル100円の紙パックのお茶の空パックばかりが散乱していました。一応エアコンはありましたが、使っていなかったようです」(社会部記者)

 大家によれば、家賃支払いに精一杯で、生活はかなり困窮していたという。

「おそらく偏った食生活で、動物性タンパクや必須アミノ酸ビタミン類が不足して血液量が減り、血液循環も悪くなって体温調節が上手くいかない状態だったと思われます。それに伴い、免疫力も落ちてしまう」(星教授)

軽い運動+牛乳で血液量は増やせる

「安価でできる対策としては牛乳を飲むといいでしょう。そして汗ばむ程度の運動をする。たとえば30分ほど早歩きとゆっくり歩きを繰り返し、その直後に牛乳を飲むと血液量が増えることがわかっています。これを週に4日以上、8週間続ければ、200ミリリットル程度血液量が増えるという結果が出ています」(信州大大学院・能勢博教授)

 熱中症はもはや誰の身にも起こりうる。命を守るためにも、やっておくべきことがいくつもあるのだ。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2013年8月29日号)

©iStock.com