「先日、NHKの番組に出演したら、スタッフの方が『視聴率が良かった』と喜んでいました。『なんと、「チコちゃんに叱られる!」に勝ったんですよ!』と。お城はチコちゃんより数字が取れるんです(笑)

 こう語るのは、大の城好きとして知られる噺家の春風亭昇太氏(59)だ。

 いま、巷では空前の城ブームが巻き起こっている。実際に足を運ぶ人も大勢いるようで、公益財団法人日本城郭協会が監修する「日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき」は累計70万部を超える大ベストセラーとなっている。

徳川慶喜の江戸退却は「幕府史上最大のミス」

 日本にはかつて3~4万もの城があったとされるが、姫路城大坂城など壮大な天守を持つ有名な城郭だけでなく、地方にひっそりと佇む山城の遺構もいまだに数多く残っている。その中でも、数多の合戦を戦い抜いた「難攻不落の名城」は一体どこなのか。

 現在発売中の「文藝春秋」9月号では、そんな昇太氏に加えて静岡大学名誉教授の小和田哲男氏と城郭ライターの萩原さちこ氏に集まってもらい、座談会を実施。城好きによる城好きのためのアツい議論が交わされた。

昇太 誰もが納得するのはやはり大坂城でしょうか。江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜は鳥羽・伏見の戦いで新政府軍に攻められるや、大坂城を放棄して江戸に退却しました。あの壮大な縄張りを目の当たりにすると、慶喜が籠城していたら落城させられなかったと思いますよ。僕は江戸幕府史上最大のミスだと思っているんです。

小和田 大坂城素晴らしいですが、私のイチオシは熊本城です。西南戦争では政府軍が立てこもり、西郷隆盛の猛攻を受けましたが、ついに落城しませんでした。

 さらに、城マニアだからこそ知る、一般の人には馴染みのない意外な城の名前も。

落ちたら絶対に這い上がれない“蟻地獄”の城!?

萩原 静岡県三島市にある山中城。理論的にいえば絶対に落城しない城だと思います。小田原城を本拠とする北条氏が秀吉の来襲に備えて改修した、小田原に通じる東海道上の重要な防衛拠点でした。

昇太 あの城の最大の特徴は「障子堀」。これは水の張っていない「空堀」の底に、障子のような仕切りを作り、落ちた敵が移動できないようにする仕組みで、当時は滑りやすい関東ローム層がむき出しでした。僕は自分の本の企画で足軽の格好をして堀底に降りたことがありますが、落ちたら最後、絶対に這い上がれない“蟻地獄”だと実感しました。

「文藝春秋」9月号に掲載した「『難攻不落の名城』日本一はここだ!」では、この他にも姫路城小田原城松江城など、城マニア3人が20を超える堅城の魅力について語り尽くしている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2019年9月号)

春風亭昇太さん ©文藝春秋