8月17日に放送された、4時間を超える大型ネタ番組「ENGEIグランドスラム」(フジテレビ系)で、トップバッターを務めたのは意外な人物でした。えんじ色のそろいのスーツで舞台に現れた二人は片足を上げてダブルピースを作り、ツカミの一言を放ちました。

「どうもキングコングです、イェイイェイ!」

 最近のテレビのネタ番組では、よく出る芸人の顔ぶれが大体決まっています。キングコングの西野亮廣さんと梶原雄太さんの二人が、こういう番組に出るのは珍しいことです。2015年から不定期で放送されているこの特番でも、キングコングは今回が初登場でした。

 普段から劇場に出て漫才を披露しているだけあって、そのたたずまいには安定感があり、吉本興業の昨今の闇営業騒動をネタにする部分もあって客席は沸いていました。トップバッターとして番組を盛り上げる役目をきっちり果たしていました。

圧倒的な人気の陰で、仲間からの嫉妬

 最近、キングコングの二人は個々での活動が多いため、そちらの方が目立っていました。しかし、彼らはコンビを組んだ時から一貫して漫才を続けてきた根っからの漫才師でもあるのです。

 その才能は、業界内ではデビュー前から既に知られていました。吉本興業お笑い養成所「NSC」で出会った二人は、在学中に「NHK上方漫才コンテスト」というお笑いコンテストに出場し、プロの先輩芸人たちをごぼう抜きにして最優秀賞を受賞しました。

 彼らは「若さ」「見た目の良さ」「明るさ」という武器を生かして、デビューしてすぐに大阪の劇場を中心にアイドル的人気を獲得しました。2001年には深夜のコント番組「はねるのトびら」(フジテレビ系)が始まり、その人気は全国区に拡大していきました。

 そのキャリアは一見すると順調そうですが、実は本人たちは人知れず、さまざまな問題を抱えていました。同世代の芸人の中で圧倒的な人気を誇っていた彼らは、芸人の間では激しい嫉妬の対象にもなっていました。一部のファンからバッシングを受けたり、「実力と人気が見合っていない」と芸人仲間から陰口をたたかれたりもしていました。

 寝る間もないほどの多忙な生活が続き、2003年にはストレスが原因で梶原さんが突然失踪してしまったこともありました。日の当たるスター街道を歩いてきたからこそ、のしかかるプレッシャーも生半可なものではなかったのです。

絵本作家YouTuberの道へ…

 一方で、西野さんはひそかに野望を抱いていました。それは、テレビの世界で成功して本物のスターになることです。しかし、キングコングとして多くのレギュラー番組を抱え、「はねるのトびら」がゴールデンタイムに繰り上がり、20%を超える視聴率を獲得するようになっても、スターになったという実感は得られませんでした。上の世代の成功した芸人に並ぶような存在感を確立できていなかったのです。

 西野さんは大きな挫折を味わい、別の道を探すことにしました。それは絵本を描くこと。極細のペンで膨大な時間をかけて細部まで描き込まれた絵本は、出版されるたびに話題になっていました。

 この制作の過程で、彼は作品を作ることだけではなく、それをいかに売るかということにも興味を持ち始めました。それ以降、西野さんはさまざまなビジネスを手掛けるようになり、クラウドファンディングオンラインサロンなども活用して、芸人でありながら起業家のような存在になりました。

 梶原さんは、2018年に「カジサック」としてYouTuberデビューを果たしました。始める時には、1年後の年末に登録者数が100万人に達しなかったら「芸人を引退する」と宣言しました。これは梶原さんが本気でYouTubeに取り組む決意の表れでした。

 結果、梶原さんはYouTuberとして成功を収め、2019年7月に目標だった登録者数100万人を達成したのです。その成功の理由は、彼が真剣だったということに尽きると思います。

 テレビによく出ている有名な芸能人なら誰でも、YouTubeで成功できるわけではありません。テレビYouTubeでは客層も、視聴者に求められていることも違いますYouTubeの文脈に合わせた動画を作り続けなければ、結果を残すことはできないのです。

 梶原さんは最初の段階で有名なYouTuberに頭を下げて、アドバイスを受けていました。そして、彼らとのコラボ動画を作ることで、普段からYouTubeを見ている層に自分の存在を認知させようとしたのです。

「プロの芸人がYouTuberに頭を下げる」というのが実は画期的なことでした。多くの芸人には芸人としてのプライドがあるため、笑いの素人であるYouTuberに対して、下から入ることがどうしてもできません。でも、梶原さんはあえてこれをやったのです。ここにも、彼の本気がうかがえます。梶原さんの収入は既にYouTubeを始める前の数倍になっているそうです。

 これだけ個々の活動が目立つ中でも、彼らは漫才をずっと続けてきました。今のキングコングの武器は若さや元気の良さではなく、それぞれが経験を重ねて手に入れた、芸人としての「強さ」です。“絵本作家”と“YouTuber”の二人による華やかな漫才は、大型特番のトップバッターとしてふさわしいものでした。

お笑い評論家 ラリー遠田

キングコング(吉本興業提供)