認知症のリスクもある、感情の劣化

TBS「健康カプセル!ゲンキの時間」、8月25日(日)7時00分〜7時30分の放送は「~うつ病認知症にも!?~実は恐ろしい「感情の老化」」です。うつ病認知症につながる、実は怖い「感情の老化」について教えてくれます。



次のことに心当たりはありませんか?3つ以上当てはまると、感情が老化している可能性があるそうです。
好奇心が減った
・同じ店で買物しがち
・会話は同じ仲間ばかり
・新たな事を始めない
・異性への興味が減った
・昔より失敗をひきずる
・肉をあまり食べない
・最近イラつく事が多い
・最近感動していない
アイディアが浮かびにくくなった



番組では、うつ病認知症につながる感情の老化、脳の前頭葉が老化する生活習慣、男性ホルモンの減少が招く「男性更年期障害」、減ると腰痛などの痛みが増す「幸せホルモン」などについて専門のドクターが解説します。さらに、うつ病と診断された男性が劇的改善した実例も紹介されます。



「健康カプセル!ゲンキの時間」は、MCの筧利夫と西尾由佳理が、すぐに役立つ健康情報を届ける情報バラエティ。 専門ドクターの分かりやすい解説と説得力のあるデータテーマを掘り下げ、日常生活を元気に過ごす秘訣を教えてくれます。



(画像は公式HPより)



▼外部リンク
8/25 TBS 7:00~健康カプセル!ゲンキの時間~うつ病・認知症にも!?~実は恐ろしい「感情の老化」



TBS、うつ病・認知症にも!?~実は恐ろしい「感情の老化」