安倍首相の通算在任日数がきょう8月24日2799日を数え、佐藤栄作を抜いて歴代2位となった。歴代1位は桂太郎の2886日だが、それもこのままいけば今年11月20日には抜くことになる。なお、連続在任日数では佐藤栄作が1位で、安倍首相がこれを抜くとすれば、来年8月24日に達成する。

 安倍首相2018年自民党総裁選で3選を果たし、任期を2021年9月まで延ばした。自民党の党則では連続4選は禁じられており、首相本人も次の総裁選への出馬を否定しているものの、自民支持層には党則を変えて続投を望む向きも多い。今年4月に産経新聞社FNNが行なった世論調査では、自民支持層の過半数が続投に賛成と答えている(※1)。ただし、任期が延びれば延びるほど、引き際が難しくなることは、過去に長期政権を担った首相たちが身をもって証明している。ここでは佐藤栄作と、通算在任日数が2616日で歴代5位の吉田茂の例を中心に振り返ってみたい。

(1)佐藤栄作2798日)の最後「偏向的な新聞は大嫌いなんだ」

 安倍首相の大叔父(祖父で元首相の岸信介の弟)にあたる佐藤栄作は、1964年東京オリンピック閉幕直後の11月9日に第1次内閣を発足させ、以後、3次にわたって政権を担った。1972年5月15日、在任中の最大の課題であった沖縄返還を実現した佐藤は、これを花道に政権を手放すものと見られていた。だが、退陣を表明したのはそれから1ヵ月あまりが経った6月17日であった。佐藤はこの前日、国鉄運賃値上げ法案と健康保険法改正案が参議院で廃案となったとき、初めて辞職を決意する。周囲には「大事な案件が自分の力で処理できなかったときこそ、やめるべきものさ。政治家とはそういうもんだ」と語ったという(※2)。

 退陣表明の記者会見は荒れに荒れた。官邸の会見室に現れた佐藤は、「テレビカメラどこかね」と記者席を見渡すと、「きょうはそういう話だったんだ。新聞記者の諸君とは話(を)しないことになってるから。僕は国民に直接話(を)したいんだ。文字になると違うからね」「偏向的な新聞は大嫌いなんだ。直接国民に話したい。やり直そうや。(記者たちを追い払うように手を振り)帰ってください」と言い放ち、いったん退出した(※3)。

「花道とか、損得とか、そんなものは論外だよ」

 じつは会見を前に官房長官竹下登(のちの首相)は、テレビを通じて国民に直接話したいという佐藤の意向を受け、内閣記者会とのあいだで、新聞記者は会見室に入るものの質問はしないと話をつけていた。だが、佐藤は、記者が集まっていることに「約束がちがうじゃないか」と、竹下や山中貞則総務長官らをにらみつけると、自ら席を外したのである(※4)。このあと、山中のとりなしで佐藤は再び会見室に戻った。しかし今度は、先の首相の発言は絶対に許せないと、内閣記者会の代表幹事が抗議する。これに対し佐藤は「出てください、それなら。かまわないですよ。やりましょう。出てください」と机を叩いた(※3)。はたして記者たちは一斉に退場し、佐藤はテレビカメラに向かって一人で語るという異常事態となる。

 世間の予想どおり沖縄返還の実現を花道に退陣を表明していれば、佐藤はもっと国民に惜しまれながら見送られたはずである。家族からもこれについて退陣後に蒸し返されたことがあったが、佐藤は怒って「一国の宰相というものはな、自分がやめる、その瞬間まで、やめるということを口にすべきもんじゃない。それを口にすることによって国全体が揺れ動くんだ。外国への影響もある。花道とか、損得とか、そんなものは論外だよ」と反論したという(※2)。

(2)吉田茂2616日)も「引き際を誤った」

 佐藤栄作を政界に引き入れた師である吉田茂もまた、1948年10月15日の第2次内閣発足から6年2ヵ月(第1次内閣を含めた通算では7年2ヵ月)の長期政権を維持しながら、その引き際を誤った。

 吉田は、1951年9月、サンフランシスコ講和条約に調印し、敗戦後6年以上続いた連合国の日本占領にピリオドを打った。調印を終えた彼は、祝いのシャンパンを口にしながら「これで御用済みとなって、あとは楽にさせてもらえると有り難いんだがなあ」とつぶやいたという(※5)。実際に講和条約調印を花道に勇退していれば、吉田は国民から英雄視されていたかもしれない。しかし、吉田はその後も政権の座にとどまり、その独断的な政治姿勢から「ワンマン」などと称された。

佐藤栄作の逮捕を阻止」国民から反発される吉田茂

 講和条約調印と前後して、戦後、連合国総司令部(GHQ)の指令で公職追放となっていた政治家たちの追放が解除され、続々と政界に復帰する。なかでも終戦直後の1946年、組閣直前に公職追放され吉田に政権を譲った鳩山一郎は、1951年自由党に復帰すると反吉田勢力を形成し、吉田と激しく対立した。1953年に、吉田の議会での「バカヤロー」発言を機に左右両派社会党が内閣不信任案を提出すると、鳩山ら反吉田強硬派22人が自由党を脱党し、賛成票を投じたため可決される。このとき鳩山らは同じ「自由党」を名乗ったが、総選挙後、第5次内閣を発足させた吉田の説得で一部を残して年内には復党した(復党しなかった三木武吉らは「日本自由党」を名乗る)。

 だが、そこへ来て翌1954年1月、海運・造船業界から保守政界への贈賄をめぐる造船疑獄が発覚。4月には、最高検察庁は捜査の最終段階として、自由党の幹事長だった佐藤栄作の収賄容疑による逮捕許諾請求を決定した。だが、法務大臣の犬養健は吉田と副総理の緒方竹虎の意向に沿って、検事総長に対する法相の指揮権を発動して佐藤の逮捕を阻止する。すでに吉田内閣に嫌気が刺し始めていた国民は、こうした強引なやり方にますます反発を募らせた。

 自由党は指揮権発動直後に出された内閣不信任案をどうにか乗り切ったものの、次の会期の開会を控えた11月自由党鳩山派、改進党、日本自由党の計120人は「日本民主党」を結成して、吉田の倒閣をめざした。12月6日には民主党と左右社会党が共同で内閣不信任案を提出し、人数からいって可決は必至だった(※6)。

 しかし、何としても鳩山に政権を譲りたくない吉田は、ここにいたってもなお衆院解散に打って出るつもりでいた。12月6日夜には、吉田の後継総裁と目された緒方竹虎が、世論や党論にしたがって内閣総辞職を求めるも、吉田は聞き入れなかった。翌7日朝、衆院本会議を前に公邸で行なわれた自由党の最高首脳幹部会議でも、緒方は「自らの政界引退も、党の分裂も辞さない」との覚悟であらためて解散に反対し、集まった大半の党実力者・閣僚も同調する。政治顧問の松野鶴平は「総裁あっての党ではない。党あっての総裁であることを知らないのか。解散をすれば党は壊滅するのだぞ」と吉田を怒鳴りつけたという(※5)。

「総理をやめて、大磯でゆっくり本でも読むか」

 吉田は「考える」と言って書斎に引きこもったあと、緒方を呼び出して解散を納得させようとするも無駄であった。彼の憤怒は頂点に達し、続いて書斎に入ってきた幹事長の池田勇人に対し、「緒方君を罷免してしまえ」とまで口にしたという。しかし池田は「あなたが後継者に選んだ緒方さんを、罷免したのではあなたのコケンにかかわります」と押しとどめ、「こうなると総辞職もやむをえません」と涙声で言った。ついに吉田は娘婿の衆院議員・麻生太賀吉を呼ぶと、総裁辞任届を書くように命じる(※7)。吉田は辞表を机に置いて私邸のある大磯に戻り、残された者たちによって総辞職が決定された(※8)。去り際に吉田は、「では(総理を)やめて、大磯でゆっくり本でも読むか」と言ったとも伝えられる(※5)。

(3)伊藤博文2720日)から歴代1位・桂太郎(2886日)へ

 長期政権の歴代4位である伊藤博文は、日本最初の内閣である第1次以降、通算2720日、4度にわたり政権を担当した。しかし最後の第4次内閣(1900年10月19日~1901年6月2日)はわずか7ヵ月で終わる。伊藤は藩閥勢力の一角を担いながら政党の力に気づき、立憲政友会を創設、直後に発足した第4次内閣は外務大臣・陸軍大臣・海軍大臣をのぞく全閣僚が政友会会員という布陣となった。だが、政友会出身の大臣による閣内不一致から、伊藤は辞表を提出、党総裁も西園寺公望に譲った。

 伊藤の後任首相には、陸軍大臣だった桂太郎が就いた。桂内閣は、山県閥(藩閥勢力の有力者・山県有朋を中心とする非公式の派閥)を中心とする非政党内閣だったが、政友会の西園寺公望と妥協しながら、10年以上にわたって交互に政権を担当する。いわゆる「桂園時代」である。だが、桂が最後に発足させた第3次内閣(1912年12月21日~19132月20日)は、尾崎行雄や犬養毅ら政党政治家が「藩閥打破、憲政擁護」のスローガンのもと民衆をも巻き込んだ第1次護憲運動により、わずか2ヵ月で崩壊に追い込まれた(大正政変)。

 しかし、桂は第1次護憲運動のなかで自らも政党結成を進めていた。桂自身は志半ばで亡くなったが、191312月には立憲同志会が発足する。のちに憲政会となった同党は、大正末から昭和初期にかけて政友会とともに政党内閣時代を実現した。

 思えば、吉田茂の内閣総辞職から1年も経たない1955年11月には、自由党と日本民主党による保守合同が成り自由民主党が誕生、同年には社会党も左右両派が統一し、ここに「55年体制」が始まった。そもそも自由・民主両党の合同を妨げていた最大の要素は、長きにわたる吉田・鳩山の確執であったため、吉田の引退でそれに蹴りがつき、合同への条件が整ったとする見方もある(※6)。

 佐藤栄作も、米中接近という国際情勢の新局面を受けて、政権末期に日中国交正常化を水面下で模索し、次の田中角栄内閣に託すことになった。ここにあげた首相たちは、辞め方はけっして潔くはなかったが、辞めることで新たな体制づくりに貢献する結果となった。ひるがえって安倍首相の頭には、どのように政権を幕引きし、後継者に何を残すのか、ビジョンはあるのだろうか。

※1 「産経ニュース2019年4月10日
※2 佐藤寛子佐藤寛子の宰相夫人秘録』(朝日文庫)
※3 NHKアーカイブス「長期政権の終えん 佐藤首相退陣」
※4 服部龍二『佐藤栄作 最長不倒政権への道』(朝日選書)
※5 原彬久『吉田茂 尊皇の政治家』(岩波新書)
※6 石川真澄『戦後政治史 新版』(岩波新書)
※7 戸川猪佐武『昭和の宰相 第5巻 岸信介と保守暗闘』(講談社
※8 五百旗頭真『日本の近代 第6巻 戦争・占領・講和』(中央公論新社)

 このほか、伊藤之雄『伊藤博文 近代日本を創った男』(講談社学術文庫)、瀧井一博『伊藤博文 知の政治家』(中公新書)、中公新書編集部編『日本史の論点』(中公新書)、加藤聖文『国民国家と戦争 挫折の日本近代史』(角川選書)、小林和幸編『明治史講義【テーマ篇】』(ちくま新書)などを参照した

(近藤 正高)

2006年9月に戦後生まれ初の内閣総理大臣に(写真は2006年11月) ©AFLO