ハリセンボン・近藤春菜

いよいよ本日24日~25日にかけて、日本テレビ夏の風物詩24時間テレビ 愛は地球を救う』が放送される。

今年のチャリティマラソンは、「人と人~ともに新たな時代へ~」というテーマにちなんで、4人のランナーでタスキを繋ぐ駅伝方式で実施されることも、放送前から大きな話題に。

そんな中、ランナーの1人であるハリセンボン近藤春菜の練習映像を見た人々から、ある懸念点が指摘されている。

■安全第一で距離も個々に調整

近藤の他にいとうあさこ、ガンバレルーヤ・よしこがランナーとして公表され、残る4人目は当日に発表される。

当初、4人全員がそれぞれ42.195キロのフルマラソンを走る予定だったが、猛暑や担当するコースの険しさ、個々のコンディションなどを考慮し、坂本雄次トレーナは、近藤とよしこについては距離を10キロほど縮め、32.195キロとする判断を下した。

関連記事:『24時間マラソン』残るランナー1人は? 加藤浩次「この流れだと…」

■「揺れる胸」に心配の声

本番が近づくにつれて、日本テレビ系の番組では3人の練習風景が連日放送された。仕事の合間を縫って走る近藤の姿に、視聴者からは「大きく揺れる胸」に心配の声が相次ぐことに。

「春菜ちゃん、クーパー靭帯が心配だからもうちょっと胸が揺れないようにしたほうが」

「春菜のマラソン、胸の線切れないか?」

メーカーさん、春菜に全く揺れないインナーを緊急に手配してあげて!!」

「春菜ちゃん大丈夫かな…」

■2017年のブルゾンちえみも…

女性ランナーならではの懸念事項である「胸部のサポート」。長時間胸を揺らし続けることで、靭帯が損傷してしまう恐れがある。

視聴者がこの問題に神経質になっている背景には、2017年に約90キロを走破した「ブルゾンちえみのケース」が影響していることも考えられる。

ブルゾンは、放送当日にランナーに任命されたこともあり、番組中盤まで胸部の固定が不十分な状態で走ることに。その光景に視聴者から「胸が痛そう」「かわいそう」という声が相次いだ。

例年以上に、安全面への配慮が目立つ今年の「24時間駅伝」。膝や腰だけでなく、胸部のサポートも入念に準備してほしい。

・合わせて読みたい→『イッテQ』いとうあさこ、容姿の変化に驚きの声 「すごい…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

『24時間テレビ』近藤春菜の走る姿に“懸念点” 「大丈夫かな…」