22日に契約合意し、翌日には練習参加 「背番号26」決定をクラブ公式SNSが発表

 スペイン1部マジョルカへの期限付き移籍が決まった日本代表MF久保建英背番号26をつけることが決まった。クラブ公式ツイッターが24日に発表している。

 今夏にFC東京から名門レアル・マドリードへ移籍した久保は、トップチームの遠征に帯同してプレシーズンテストマッチ計4試合に途中出場。その後は、トップチームの練習とカスティージャ(レアルB)の試合を兼務してきた。

 そんななか、22日にマジョルカへの1年間の期限付き移籍が正式決定。翌日には早速フランス人MFヤニス・サリビュルとクラブの赤い練習着に身を包み、練習に初参加した。

 マジョルカ公式ツイッターは24日、公式ツイッターで日本の国旗とともに「番号26」と発表。映像では久保がマジョルカに降り立ち、契約のサインや練習で新たなチームメートに歓迎される模様が収録されている。

 25日のリーグ第2節レアルソシエダ戦で「背番号26」をつけた久保の雄姿を見ることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

マジョルカで背番号「26」をつけることが決まったMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】