Photo: Shutterstock

気をつけようがないけど、男性のみなさん、気をつけて!

ニューヨークで、ある63歳男性が杖を付いて歩いていたところ転んでしまい、膝の痛みを訴え救急救命室にやってきました。すると男性を診たお医者さんたちは不思議なことに気づいたそうです。

Urology Case Reportsに報告された男性の症状はというと、まずお尻から転んでしまったとのことで医者たちは彼の骨盤周辺のレントゲンを撮りました。すると奇妙なことにペニスが石灰化していたのです。男性はペニスの痛みを訴えていましたが、特に外傷も腫れもなく、ペニスに関する疾患はまったく見つからず...。

のちに、とてもレアな症状でこの男性のペニスは骨のように石灰化してしまったことが判明。ペニスの石灰化はペニスの軟組織にカルシウム塩が蓄積されて起こるもの。このペニス石灰化は、これまでにまだ40ほどの症例しか報告がないそうです。2017年には、43歳の男性がペニスに痛みを感じ病院へ行き、医者がペニスから線維腫を除去して治療しました。そして数ヶ月後、その男性は勃起不全のため膨張式陰茎プロテーゼを挿入してもらうために再び病院を訪れると、ペニスの80%が石灰化しているとの診断を受けました。 医者は彼が「陰茎硬化症(ペロニー病)」であると診断。最初に登場した63歳の男性もおそらくこの陰茎硬化症を患っているとのことですが、まだ確実な診断には至っていないとのこと。しかもその男性は、ペニス全体が石灰化していたにも関わらず、特に治療なども受けずに病院をあとにしたそうです。

「この患者さんは我々のアドバイスを聞かずに出て行ってしまったため、病因を探ることができませんでした」とお医者さんは語っています。いや、自分のあそこが石灰化なんてすぐに受け入れられない悲劇ですが、この患者さん、一体どこへ行ってしまったんでしょうか。大丈夫かな...。