写真提供: acmilan.com

ユニフォームデザインにも大きな影響を与える胸スポンサーユニフォームの最も目立つ部分に社名等を載せる広告効果は高く、スポンサー料も高額になる。

今回は『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が特集した、間もなく開幕するセリエAクラブのの胸スポンサー料をランキング形式でご紹介。意外な1位に驚くかもしれない。


写真提供: sslazio.it

20位:ラツィオ

スポンサー:なし
スポンサー収入:なし

19位:サンプドリア

スポンサー:Invent
スポンサー収入:50万ユーロ(約5900万円)

17位:ジェノア

スポンサーZentiva
スポンサー収入:70万ユーロ(約8200万円)

17位:SPAL

スポンサー:Omega
スポンサー収入:70万ユーロ(約8200万円)

16位:エラス・ベローナ

スポンサー
スポンサー収入:100万ユーロ(約1億2000万円)

15位:レッチェ

スポンサーMoby
スポンサー収入:150ユーロ(約1億8000万円)

14位:パルマ

スポンサー:Cetilar
スポンサー収入:180ユーロ(約2億1000万円)

13位:ブレシア

スポンサー
スポンサー収入:200万ユーロ(約2億3000万円)

2008年シーズンから胸スポンサーがない状態が続いているラツィオは、今季も胸スポンサーなし。これは珍しいことではなく、ローマも近年までは胸スポンサーがない状態が続いていた。国外で言えば、バルセロナも現在は「楽天」、以前は「ユニセフ」が胸スポンサーになっていたが、その前は胸スポンサーがない状態が続いていた。


写真提供:sscnapoli.it

12位:ボローニャ

スポンサー:Ubi Banca
スポンサー収入:220ユーロ(約2億6000万円)

11位:ウディネーゼ

スポンサーDacia
スポンサー収入:250ユーロ(約2億9000万円)

10位:カリアリ

スポンサー:Regione Sardegna
スポンサー収入:400万ユーロ(約4億7000万円)

8位:トリノ

スポンサーSuzuki
スポンサー収入:500ユーロ(約5億9000万円)

8位:アタラン

スポンサーRadici
スポンサー収入:500ユーロ(約5億9000万円)

7位:フィオレンティーナ

スポンサーMediacom
スポンサー収入:650万ユーロ(約7億6000万円)

6位:ナポリ

スポンサー:Lete
スポンサー収入:900万ユーロ(約10億6000万円)

5位:インテル

スポンサー:Pirelli
スポンサー収入:1050万ユーロ(約12億3000万円)

セリエAスポンサー唯一の日本企業「Suzuki」がスポンサーを務めるトリノがアタランタと並んで8位にランクイン。ナポリの再建を後押ししてきた飲料水メーカー「Lete」は10億円を超えるスポンサー料を支払っている。5位インテルの胸スポンサー「Pirelli」はミラノに本社を置くタイヤメーカーインテルとの契約は20年を超えており、セリエA最長だ。


写真提供:sassuolocalcio.it

3位:ローマ

スポンサーQatar Airways
スポンサー収入:1400万ユーロ(約16億4000万円)

3位:ミラン

スポンサーEmirates
スポンサー収入:1400万ユーロ(約16億4000万円)

2位:ユベントス

スポンサーJeep
スポンサー収入:1700万ユーロ(約19億9000万円)

1位:サッスオーロ

スポンサーMapei
スポンサー収入:1800万ユーロ(約21億1000万円)

航空会社がスポンサーミランローマが3位で並び、2位にはJeepスポンサーについているユベントスランクインした。意外なのは1位のサッスオーロ。建材製造の大企業である「Mapei」は20億円を超えるスポンサー料を支払っている。CEOのジョルジョ・スクインツィ氏がサッスオーロのオーナーであることが影響しているだろう。ただ、1位のサッスオーロですら、プレミアビッグ6には遠く及ばない。プレミアリーグがいかに潤っているかがわかる。それでも、数年前は7チームに胸スポンサーがないという異例の事態だったセリエAは、少しづつリーグの価値を上昇させていると言えるだろう。