試合前に白鵬、鶴竜がシュートチャレンジに登場、横綱の強烈エールに八村奮起

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は24日、31日開幕のW杯(中国)に向けた同22位・ドイツとの強化試合(午後3時試合開始・さいたまスーパーアリーナ)を行い、最大12点差をひっくり返し、86-83で逆転勝ち。先発出場した八村塁(ウィザーズ)は両軍最多31得点をマークし、格上からの金星に貢献した。

 試合前には、大相撲の横綱・白鵬と鶴竜が来場。2人は試合前にシュートチャレンジを行った後、マイクを向けられた鶴竜は「皆さん、こんにちは! このあと日本代表が勝ってくれると思います。応援よろしくお願いします!」とコメント。白鵬は「私の子供のころの夢はバスケ選手でした」と笑いを誘い、「このコートに立てて光栄。八村君、頼むよ。応援よろしくお願いします!」とエールを送り、場内は大歓声に包まれた。

 両横綱の強力なバックアップを受けた八村は、両軍最多の31得点と大暴れ。攻撃の中心に立つだけでなく、ディフェンスでもリバウンドやブロックで要となった。試合後の会見で白鵬のエールについて問われた八村は「やっぱり試合前にああやって『頼むぞ』と言われて、僕も今までにないくらいのプレッシャーを感じた」と苦笑い。それでも、最強の2人の来場は嬉しかったようだ。

「横綱もバスケが好きだと言って、今日こうやって来てくれて、僕もチーム全体も凄く嬉しかった。僕らも勇気づけられたというか、元気づけられた。やる気になったのは大きいし、試合が終わった後も挨拶させてもらった。また来てもらえるようにお願いして、あちらも『プレッシャーを感じる』って言っていた。他の競技だけど、こうやって交流できるのはいいことですね」

両横綱はスタンディングオベーションで拍手を送る

 試合では、世界ランク22位の格上から“金星”を獲得。勝利直後、1万8355人の観衆とともに両横綱はスタンディングオベーションで拍手を送った。見事エールに応えた八村は、試合をこう振り返った。

「勝ったけど、リバウンドで負けている。それで勝ったのはいいっちゃいいけど、そこをしっかり修正すれば僕らがどれだけ強くなれるかわかった。リバウンドで負けたので世界大会に向けて、短い間ですけど、チームでしっかりやりたい」

 会見で同席した篠山竜青、渡邊雄太は、「ドイツ100%ではない」と口をそろえた。勝利したとはいえ、本番ではなく親善試合という見方。それでも八村の意見は違った。

「2人はドイツがどれだけ本気を出したかわからないと言っているけど、僕からしたら、僕らも100%を出したかというとそうじゃないと思う。修正することもあるけど、勝ちは勝ちですし、あっちも日本なんかに絶対に負けたくないという気持ちで来ている。僕らが勝ったことは大きいことですし、自信にしたい。世界との差としては、リバウンドでここ何試合かずっと負けているので、これから短い期間で修正していきたい」

 25日のチュニジア戦が最後の強化試合(さいたまスーパーアリーナ)。W杯1次リーグでは9月1日トルコ、3日にチェコ、5日に米国と対戦する。勝って大きな自信を得たとともに、兜の緒を締めて前を向いた。(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada

両軍最多31得点をマークした八村塁【写真:荒川祐史】